■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.157 「ファンシイダンス」
ファンシイダンス

制作 : 1989年、日本
監督 : 周防正行
出演 : 本木雅弘、鈴木保奈美、大沢健、彦摩呂、田口浩正、竹中直人ほか

ストーリー
実家の寺を継ぐために、東京での生活を捨てて出家し、修行寺へこもることになった陽平。弟に寺を継がせるのはかわいそうだと思っていた陽平だったが、寺へ行く途中で同じく出家した弟・郁生(いくお)に出会ってしまう。郁生が寺を継ぐつもりなら自分が出家する必要はなかったと後悔する陽平だが、郁生一人を残していくことも出来ず、二人仲良く寺へ向かう。しかし、彼らを待っていたのは厳しく独特な修行の日々だった・・・。

感想
都会育ちの青年が実家の寺を継ぐために御山にこもって厳しい作法を学びながらも、ドタバタを繰り広げていくコメディータッチの映画。寺での修行がどういうものかは私を含めて、一般的には知られておらず、食べ方にも、寝方にも、そしてトイレの仕方にも独特の作法があり、それを毎日続けながら一人前の坊さんになるのだということがわかった。着眼点がおもしろい映画だと思う。
主演の本木雅弘のときおりみせるとぼけた演技、大沢健の純真にみえて、なかなか利口な役回り、竹中直人らをはじめとした個性的な脇役たちが、プッと笑わせてくれる。現在、グルメレポーターとして独特な表現を使う彦摩呂の今とは違う細い体型を拝める作品でもある(笑)。

スポンサーサイト
鑑賞記[ハ行] | 22:42:53 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.156 「ペーパー・ムーン」
ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション

原題 : PAPER MOON
制作 : 1973年、アメリカ
監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ
出演 : ライアン・オニール、テイタム・オニール、マデリーン・カーンほか

ストーリー
母親を交通事故で亡くした9歳の少女・アディ。彼女の身寄りはミズーリ州に住む伯母だけだった。アディの母親の知り合いで、詐欺師のモーゼは成り行き上、アディを伯母の家まで送ることになってしまう。9歳ながらしっかり者のアディは、モーゼと詐欺行為を行いながら、お金を稼いでいく。アディを厄介払いしたかったモーゼだったが、旅を続けていくうちに父親のような愛情が芽生えていくのだが・・・。

感想
1930年代の禁酒法時代を舞台に、詐欺師の男と9歳の少女の擬似親子のペテン旅行を描いたロードムービー。全編モノクロで進んでいく映画である。
大爆笑する映画ではないものの、ところどころで笑えるシーンがある。また、アディ役のテイタム・オニールの小生意気ながら、憎めないところもなんかよい。名字からもわかるようにモーゼ役のライアン・オニールとテイタムは実の親子であり、テイタムはこの作品でアカデミー賞の助演女優賞を獲得した。
ゆったりとした雰囲気で物語が進んでいく。ラストも想像がつくけど、これはこれでよいと思う。

鑑賞記[ハ行] | 21:44:03 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.155 「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

原題 : THE MUMMY RETURNS
制作 : 2001年、アメリカ
監督 : スティーヴン・ソマーズ
出演 : ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、ジョン・ハナー、アーノルド・ヴォスルーほか

ストーリー
ハムナプトラでイムホテップとの死闘から数年の歳月が経過した1933年。リックとエヴリンは結婚し、二人の間にはアレックスという名の男の子が生まれていた。再び、エジプトを訪れていた3人は遺跡で金色に輝く黄金の腕輪を発見する。その腕輪は幻の地に存在する黄金のピラミッドの場所を知らせる代物だった。何も知らないアレックスはいたずらでその腕輪をはめたまま、謎の一味に誘拐されてしまう。アレックスを救出するため、リックはエヴリン、そしてエヴリンの兄ジョナサンと共にエジプトの秘境へと向かう。その頃、あの忌まわしいイムホテップが再度よみがえっており、そのイムホテップの力をもしのぐ大巨人スコーピオン・キングも復活しようとしていた・・・。

感想
シリーズ第2弾。前作からおよそ10年の歳月が経過していると思われる。リックとエヴリンは前作の後、結ばれアレックスという息子を授かっている。今回の映画ではリックとエヴリンの過去が明かされるという話になっており、第1作を見ていることが前提となって話が進んでいくので、この作品を楽しむためにはやはり第1弾を見ておかなければならないだろう。
前作に比べると残酷なシーンが減ったかなと感じた。エヴリンが母親になったからなのか、前作と比べてキャラクターが少し変わったかなとも思った。定番といえば定番なストーリー展開だが、いいんじゃないだろうか。ちなみに第3弾が2008年公開予定だそうだ。でも、レイチェル・ワイズは降板するそうで・・・。


(ハムナプトラ シリーズ)
ハムナプトラ 失われた砂漠の都

鑑賞記[ハ行] | 22:20:46 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.154 「香港国際警察/NEW POLICE STORY」
香港国際警察 NEW POLICE STORY

原題 : 新警察故事 NEW POLICE STORY
制作 : 2004年、香港・中国
監督 : ベニー・チャン
出演 : ジャッキー・チェン、ニコラス・ツェー、ダニエル・ウー、チャーリー・ヤンほか

ストーリー
マスクをかぶった武装強盗団がアジア銀行を襲撃する事件が発生。強盗団は意図的に警察に通報し、駆けつけた警察官たちを銃撃する。香港警察のチャン警部は一味のアジトを特定し、特捜班の部下を引き連れて現場に急行する。しかし、アジトは強盗団の罠が張り巡らされており、チャンを除く9人の刑事たちは殺されてしまう。犯人の罠にかかり、部下を失ったことにより、チャンは停職。何もかも失ったかのように酒びたりの生活を送るようになる。だが、そんなチャンの前にシウホンという新しい相棒がやってくる。シウホンはチャンに再び、現場に戻り犯人一味を捕まえるために立ち直ってもらおうと奮闘するのだが・・・。

感想
かつてジャッキー・チェンが主演していた「ポリス・ストーリー」シリーズの最新作。
ジャッキーの映画では珍しいかなと思うぐらい人がたくさん死んでしまい、ストーリー自体もシリアスで重苦しい。そんな中でジャッキーの相棒であるニコラス・ツェーが時折笑いを見せてくれるのが救いかな。
ジャッキーの映画は彼が演じる主人公がユーモアを見せるのだが、この作品では部下を失った悲しみにくれる悲哀の警部を演じている。さすがにジャッキーも年をとったせいか、アクションの切れが悪くなっている。まっ、それでもよく頑張っていると思うけど。
ニコラス・ツェーがいつも大事にしているコートがアーミーコートのようだけど、見た感じは「踊る大捜査線」の青島刑事が羽織るコートに見えて仕方がない。また、ニコラス・ツェーが角度によって「劇団ひとり」にも見えて仕方がない。
前半の部下を失うシーンが重くて明るく楽しい作品ではないが、ジャッキーのシリアスな演技を見れる作品だろう。

鑑賞記[ハ行] | 21:46:54 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.152 「亡国のイージス」
亡国のイージス

制作 : 2005年、日本
監督 : 坂本順治
出演 : 真田広之、寺尾聰、勝地涼、佐藤浩市、中井貴一ほか

ストーリー
東京湾沖で訓練航海を行っていたイージス艦「いそかぜ」が、副長の宮津と対日工作員ヨンファたちによって乗っ取られてしまう。艦長はすでに殺され、乗組員は全員離艦させらてしまう。宮津とヨンファは日本政府に、「いそかぜ」のミサイルの照準を東京に設定したと宣言。「いそかぜ」には沖縄米軍基地から盗まれた特殊兵器「GUSOH(グソー)」が搭載されていた。対応に手間取る日本政府。その頃、離艦したと思われた「いそかぜ」の先任伍長・仙石は、艦を取り戻すために潜入していた・・・。

感想
おもしろかったかどうかは別として、日本映画で久しぶりにベテラン俳優を配した作品だろう。その中でも一人若手の勝地涼がベテラン陣に負けずにがんばっていたかと思う。ただ、ストーリーとしてはもっとおもしろくできたのではと感じた。演技としては安心して見れるのに、非常に残念だ。

鑑賞記[ハ行] | 22:44:03 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.147 「ブラック・レイン」
ブラック・レイン デジタルリマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション

原題 : BLACK RAIN
制作 : 1989年、アメリカ
監督 : リドリー・スコット
出演 : マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、松田優作、若山富三郎ほか

ストーリー
ニューヨークのレストランで偶然にもヤクザの殺人に出くわした市警殺人課の刑事・ニックとチャーリー。その凶暴なヤクザである殺人犯・佐藤を必死の追跡で逮捕したニックたちだったが、日本側の圧力により佐藤を日本へ護送することになってしまう。
護送の任務を命じられたニックとチャーリーは、到着した大阪の空港で佐藤の仲間たちの罠にかかり、佐藤に逃げられてしまう。外国人であるため日本での刑事としての捜査権限がないニックたちだが、大阪府警の警部補・松本の監視の下、佐藤の捜索を開始する・・・。

感想
日本の大阪を舞台にしたハリウッド映画。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシアといったハリウッド俳優と日本トップクラスの映画俳優・高倉健が共演している作品。しかし、なんといってもこの映画は松田優作が彼らをくってしまっているほど残忍で圧倒的存在感のある悪役を演じている点がポイントだろうか。撮影時にはすでに病魔に冒されており、松田優作にとっては遺作となってしまった映画であるが、命をかけて演じている鬼気迫るすごさだ。この映画の演技が認められ、これからハリウッド映画にどんどん進出していくことになるかと思われたが、非常に残念である。現在は、渡辺謙がハリウッド映画にどんどん進出しているが、松田優作が生きていたらどんな感じになっていたのだろうか。
大阪を舞台にしているのだが、「これは大阪じゃねえな」という感想がもれる街並だ。外国人が作る日本はアジア、特に中国の繁華街みたいな感じのシーンが多い気がするが、これもその例外にもれていない。中盤の工場で従業員が通勤する場面があるが、全員が自転車でそれも大勢でやってくるという、まるで中国の通勤風景のような演出がなされている。また、クライマックスの決闘シーンなどの場面は大阪のどこかという設定のようだが、どう考えても大阪にそのような場所はないと感じてしまう。実際は大阪で撮影されたのではなく、アメリカで撮影されていたようだ。
マイケル・ダグラスと松田優作の決闘シーンは2パターン撮影されているそうだ。松田優作演じる佐藤が逮捕されるパターンと死ぬパターンであり、映画では逮捕されるパターンが採用された。
マイケル・ダグラスと高倉健のラストシーンがなんとなくよかったなあ。

鑑賞記[ハ行] | 21:25:02 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.144 「フィールド・オブ・ドリームス」
フィールド・オブ・ドリームス

原題 : FIELD OF DREAMS
制作 : 1989年、アメリカ
監督 : フィル・アルデン・ロビンソン
出演 : ケビン・コスナー、エイミー・マディガン、ギャビー・ホフマン、レイ・リオッタほか

ストーリー
アイオワ州のトウモロコシ畑の農場主レイ・キンセラはある日、「それを作れば、彼がやってくる」という謎の声を聞く。その後、何度もその声を聞いたレイは生活の糧であるトウモロコシ畑を潰して、自身の夢であった自作の野球場を建設する。町の人々はレイの行動に冷ややかな反応を示すだけであったが、妻のアニーはレイを温かく見守っていた。しかし、野球場を作っても何も起こらず、レイはあの声はやはり幻聴だったのかと半ば諦めていると、ある日、一人娘のカリンが球場に男の人が立っていると告げる。その男は1919年のブラックソックス事件で野球界を追われた、今は亡き伝説の大リーガー”靴なしジョー”ことジョー・ジャクソンその人だった・・・。

感想
妻子を持つ男が、謎の声に導かれるように自分の信念に従って行動し、自分の夢に挫折した人々に会っていくという物語。
野球とファンタジーが混じった映画かと思う。アクションとか、大爆笑とかはないがほんわかした気持ちで見ることができる作品かと思う。

鑑賞記[ハ行] | 17:55:30 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.143 「薔薇の名前」
薔薇の名前 特別版

原題 : THE NAME OF THE ROSE
制作 : 1986年、フランス・イタリア・西ドイツ
監督 : ジャン=ジャック・アノー
出演 : ショーン・コネリー、F・マーリー・エイブラハム、クリスチャン・スレーターほか

ストーリー
1327年、ベネディクト修道院をバスカヴィルのウィリアムとその弟子アドソが訪れる。ウィリアムたちの目的はフランシスコ会アヴィニョン教皇庁のあいだの論争に決着を付ける会談を調停し、手配することであった。到着後、ウィリアムは修道院長から若い修道士が不信な死を遂げたことを告げられ、この事件を調査してほしいと頼まれる。ウィリアムとアドソが事件解明の調査をする中、修道院では新たな殺人が発生してしまう・・・。

感想
論理的で優れた頭脳を持つウィリアムとその若き弟子アドソが中世ヨーロッパのある修道院で発生した連続殺人の事件を追ううちに、真犯人が隠し通そうとした禁断の書の存在が明らかになっていくといった感じのミステリー映画。閉鎖的な教会内部や気持ち悪い修道士たちが醸し出す不気味な雰囲気でより、ミステリーっぽく感じるかも。
異端裁判、宗教論争等、日本人にはなじみが薄いテーマであるが、なんとなく理解できるかと思う。全体的には静かな雰囲気で進むので、好みは分かれるかもしれない。主人公ウィリアム役はショーン・コネリー。渋いね。

鑑賞記[ハ行] | 21:15:59 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.136 「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」
ハムナプトラ 失われた砂漠の都

原題 : THE MUMMY
制作 : 1999年、アメリカ
監督 : スティーブン・ソマーズ
出演 : ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、アーノルド・ヴォスルー、ジョン・ハナーほか

ストーリー
紀元前1290年。王の愛人アナクスナムンと禁断の恋に落ちていた高僧イムホテップは、その関係を王に知られアナクスナムンと共に王を暗殺する。アナクスナムンは自分の復活をイムホテップに託し自殺し、イムホテップは彼女を蘇らせる儀式を行うのだが、衛兵たちに捕縛され、死者の都と呼ばれるハムナプトラでミイラにされながら永遠に生き続けさせられるという究極の刑「ホムダイ」に処せられる。
それから3000年の月日が経過した1923年。古代エジプトの財宝を探していた冒険家リックは偶然にもハムナプトラの廃墟を目撃。しかしあまりの不気味さに逃げ出してしまう。その後、刑務所に収容されていたリックは処刑されるところをハムナプトラの情報と引き換えに、女性学者エヴリンに救われる。リックはエヴリンとその兄ジョナサンと共にハムナプトラへ向かうのだが、3000年の怨念がこもったイムホテップが蘇ろうとしていた・・・。

感想
ミイラ化されながら永遠に生き続けさせられるという究極の刑に処せられたイムホテップが3000年の時を経て、復活。恐るべき力を持つイムホテップに立ち向かうリックたち青年の冒険活劇でしょうか?
邦題は「ハムナプトラ」であるが、原題は「THE MUMMY(ミイラ)」。邦題と原題で作品の印象がかなり変わるよね。
それにしてもイムホテップが受けたあの刑は恐ろしいよなあ。コメディー的部分もあるが、残酷なシーンなんかもあったりする映画である。あとアクションもあるし、それなりに面白いと思う。ちなみにイムホテップ役のアーノルド・ヴォスルーはキーファー・サザーランド主演のテレビドラマ「24」のシーズン4でテロリスト役で出演しているぞ。


(ハムナプトラ シリーズ)
ハムナプトラ2 黄金のピラミッド

鑑賞記[ハ行] | 22:58:13 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.134 「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」
ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

原題 : FANTASTIC FOUR
制作 : 2005年、アメリカ
監督 : ティム・ストーリー
出演 : ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス、ジュリアン・マクマホンほか

ストーリー
科学者のリード・リチャーズは人類の進化と宇宙嵐の関係を解明するため、学生時代のライバルで事業家のビクターに資金援助を頼むことに。リードの相棒ベン、リードの元恋人で今はビクターの恋人でもあるスー、そしてスーの弟でパイロットのジョニーらと共に宇宙で実験を行っていたのだが、予想より早く訪れた宇宙嵐に巻き込まれ、全員がその放射能を浴びてしまう。一命をとりとめ地球に戻ったリードたちだったが、彼らはやがて不思議な力を発揮し始める・・・。

感想
バットマン、スパイダーマン、X-MENなどと同じようにアメコミが原作の作品を映画化。宇宙で事故に遭い、独特な超能力を身につけた4人がその能力を楽しんだり、悩んだりしながら、悪の道に走ってしまった人物と決戦するという話である。
展開が早い感じも受けたし、上映時間が2時間にも満たないからか、わりと見やすかった。4人の特殊能力のうちリードの能力は、漫画「ワンピース」の主人公ルフィのように体がゴムのように伸縮自在な体になってしまうのである。元恋人スーは体が透明になり、その弟ジョニーは体から火を発し、飛ぶことも可能となる。一番辛いのは相棒ベンだろう。彼は岩のような体となり、他の3人は普段と変わらぬ生活を送れるのだが、彼だけはそのままであり、他の人から奇異の目で見られてしまう。かわいそうであるが、彼にも救いの手が差し伸べられることになるわけで・・・。
この映画に出てきた俳優陣はほとんど知らないんだよねえ。唯一、わかったのがアメリカのドラマ「ダーク・エンジェル」でヒロインを演じたジェシカ・アルバぐらいだ。でもダーク・エンジェルの時は黒髪だったが、この作品では金髪である。ちょっと見ただけじゃわからなかった。
エンディングでは続編を匂わせるような終わり方となっているが、これで終わってもいいんじゃないかなあ。

鑑賞記[ハ行] | 22:36:38 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。