■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.159 「LIMIT OF LOVE 海猿」
LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション

制作 : 2006年、日本
監督 : 羽住英一郎
出演 : 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、大塚寧々、吹越満、浅見れいな、美木良介、石黒賢、時任三郎ほか

ストーリー
海上保安官である仙崎大輔が「潜水士」となって数年が経過。今は鹿児島で救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。恋人の伊沢環菜とは遠距離恋愛ではあるが、結婚目前まで話は進んでいた。しかし、数ヶ月前の飛行機事故の救助で大輔は悩んでおり、環菜との結婚にいまいち踏み切れない状態でいた。そんな矢先、鹿児島沖3キロの海上で600名以上の乗員・乗客を乗せた大型フェリーの座礁事故が発生する。バディの吉岡と共に救助へ向かう大輔。フェリー沈没までに残された時間は4時間。船内に駐車された多数の自動車に引火して大爆破が起こらないように必死の救助を行っていた大輔は、横浜へ帰ろうとしていた環菜を船内で目撃する・・・。

感想
2004年の映画「海猿 ウミザル」、2005年の連続ドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」に続く、一大プロジェクト「海猿」シリーズの完結編となる映画である。
劇場版第1作「海猿 ウミザル」では大輔が潜水士になるまでの訓練過程と恋人・環菜との出会いを描き、その1年後の連続ドラマでは、潜水士としての様々な試練に直面し、悩み傷つきながらも成長していくストーリーが展開されたこのシリーズだが、この劇場版第2作にあたる「LIMIT OF LOVE 海猿」では一人前の潜水士として活躍している大輔が、決死の覚悟で救助にあたる様子を描く海洋パニックに仕上がっている。
ストーリー展開では「おいおい」と突っ込みを入れたくなるような場面はあるにはあるのだが、これは劇場版第1作でもあったことなのでいまさら責めるつもりはない(笑)。ただ、キャストが活かしきれていないなあというのはある。この辺が勿体ない気がするなあ。まあ、それでも今まであまり見たことのない、潜水士の活躍を描いたシリーズとしてはよく頑張った作品じゃないだろうか。


(シリーズ関連作品)
海猿(劇場版第1作)

スポンサーサイト
鑑賞記[ラ行] | 22:09:17 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.113 「ラヂオの時間」
ラヂオの時間 スタンダード・エディション

制作 : 1997年、日本
監督 : 三谷幸喜
出演 : 唐沢寿明、鈴木京香、西村雅彦ほか

ストーリー
ラジオドラマの脚本が初めて採用された主婦のみやこは、生放送直前のスタジオを見学していた。ところが、本番直前に主演女優が役名を変更したいと言い出すと、他の出演者たちも次々と脚本の設定を変えてしまう。みやこの書いた脚本は主婦と漁師のメロドラマだったのに、いつの間にかアメリカが舞台のアクションラブストーリーへと変貌していってしまう・・・。

感想
脚本家・三谷幸喜の初監督作品。主婦の書いた脚本をもとに放送されるはずだったラジオドラマが、出演者やスタッフのわがまま放題で設定が次々と変えられ、最初とは全く違ったドラマになってしまうというコメディー映画である。
出演者の数も結構多く、ちょい役で渡辺謙や市川染五郎、桃井かおりなども出演しており、贅沢な映画だ。
平凡な主婦がラジオドラマの裏側の実態を知り、自分の脚本が変貌していくことに愕然としながらも、無事本番を終了させるために奮闘していくというストーリーである。まあまあ、楽しめる作品かな。

鑑賞記[ラ行] | 23:31:07 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.98 「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション

原題 : LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS
制作 : 2004年、アメリカ
監督 : ブラッド・シルバーリング
出演 : ジム・キャリー、エミリー・ブラウニング、リアム・エイケン、カラ・ホフマン、シェルビー・ホフマンほか

ストーリー
発明好きな長女ヴァイオレット、読書好きな長男クラウス、どんなものでも噛み付くことができる前歯の持ち主の次女サニーは、裕福なボードレール家の三姉弟妹。ある日、三人は自宅の火事で両親を失い、遠縁の親戚だというオラフ伯爵に引き取られることになる。だが伯爵の狙いは、三姉弟妹に残された莫大な遺産だった。その事実を知ったヴァイオレットたちは伯爵から逃げることを試みるが、三人を待ち構えていたのは、次々と襲う不幸な出来事だった・・・。

感想
火事で両親を失った三姉弟妹が、次々と襲ってくる難題に知恵と勇気で立ち向かっていくという物語。
ジム・キャリーが三姉弟妹の遺産を狙うオラフ伯爵役であり、子供たちからみれば悪者である。何人かの後見人の家を回ることになる三人だが、その行く先々でオラフが待ち構えており、あの手この手を使って遺産を奪おうと画策するのである。不運な出来事ばかりが三人を襲うわけであるが、ひらめきの長女と博学な長男が力を合わせて、困難を乗り切るというのはおもしろい。末っ子のサニーはかわいいし、丈夫な歯が役立っている時もあり、きちんと活躍している。ちなみにこのサニー役は双子だそうだ。どこで入れ替わってるのかはちょっとわからない。
オラフ伯爵は本当に嫌な奴だが、周りの大人も子供たちの話を全く聞こうとしない間抜けな連中ばかり。本当にこの三人は不幸な星のもとに生まれたようだ。
この作品には原作があり、まだ未映像化の話もあるようだ。映画的には続編が作れる要素を残して終わっているが、このまま終わる方が幸せなような気がするが・・・。
この映画には、ダスティン・ホフマンがちょい役で出ている。うっかりしていると見落とすほどの出演だ。メリル・ストリープが後見人の変なおばさん役で登場。これはこれでおもしろい。あと劇中で語り手となっているレモニー・スニケット役には、ジュード・ロウが扮しているが、声とシルエットだけであり、顔は一切映っていない。主演はジム・キャリーになっているが、主役はあくまで子供たちの映画である。

鑑賞記[ラ行] | 22:38:18 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.77 「ロボコン」
ロボコン

制作 : 2003年、日本
監督 : 古厩智之
出演 : 長澤まさみ、小栗旬、伊藤淳史、塚本高史、須藤理彩、鈴木一真ほか

ストーリー
高等専門学校に通う里美は、やる気も目的もなく、だらけた生活を送る落ちこぼれ。授業の課題だったロボット製作も手をぬいたために、担当教師から1ヶ月の居残り授業を命じられる。だが、その事態を免れる方法が一つだけあった。それは高専にある第2ロボット部に入部し、ロボコン(ロボットコンテスト)に出場するというものだった。
里美が仮入部した第2ロボット部は、実力がありながら集団になじめないために、ロボコン出場常連のエリート集団・第1ロボット部からはじかれた3人が所属していた。そのうち1人はほとんど顔を出さない幽霊部員。ロボコン出場条件の3人を満たせないために里美が補充要員としてかり出されたのだった。里美は居残り授業よりはましだと思い、渋々ながらも第2ロボット部の部員として地方大会に出場するのだが・・・。

感想
終始ゆるい感じで進む映画。どこかでテンポアップするのかと思いきや、同じ調子で進んでいくのはある意味すごいと思う。でも、途中で見るのをやめたいという気持ちにはならなかった。このゆるさが逆にいいかもしんない。
「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」なんかと違い、コメディが中心の映画ではなく、あくまでロボコンを通して、やる気も協調性もなかった4人がちょっとずつ変わっていくという姿を描いている。それぞれに劇的な変化があるのではなく、もともとあったものを取り戻したような感覚なのかもしれないなあ。
主演の長澤まさみは「世界の中心で、愛をさけぶ」で注目される前であり、アホっぽい感じとかわいらしい感じがあってよかった。ただ、しゃべり方は今も昔もあんまり変わってない。小栗旬の人とつるむのが苦手な天才肌の少年を、伊藤淳史はやっぱりどこか頼りない感じの部長を、塚本高史の浮いている感じもそれなりにいいんじゃないかなあ。
熱い青春映画ではないが、何も考えずにリラックスして見る分には悪い映画ではない。ストーリー展開は大体想像できるので、この辺は安心して見れると思う。変にラブストーリーも絡んでいないし。あっ、そういや顧問の鈴木一真と保健の須藤理彩ってNHKの「天うらら」コンビだなあ。

鑑賞記[ラ行] | 20:38:55 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.71 「LOVERS」
LOVERS

原題 : 十面埋伏 (英題)HOUSE OF FLYING DAGGERS
制作 : 2004年、中国
監督 : チャン・イーモウ
出演 : 金城武、チャン・ツィイー、アンディ・ラウほか

ストーリー
唐の時代の中国。朝廷へ反旗を翻す「飛刀門」を壊滅するために、官吏の金(ジン)と劉(リウ)は飛刀門の頭目を捕まえるように命じられる。リウはかつての頭目の娘で、盲目の踊り子・小妹(シャオメイ)を捕まえるが、一向に口を割らない。そこでジンとリウは一計を案じる。それは素性を隠したジンがシャオメイを助け出し、彼女を信用させて飛刀門の本拠地を案内させるというものだった。

感想
チャン・ツィイーの踊り、竹林でのワイヤーアクション、色彩の美しさはよかった。だが、それだけ。
おもしろくないというのは前評判で知っていたが、そういう映画ほど私のツボにはまる可能性があって、若干、淡い期待を持ちながら見たのだが、やっぱりおもしろくなかった。私は映画のストーリーのおもしろさを重視する方だが、この映画のストーリーは最初だけわかっただけで、あとはあってないようなもの。燃え上がるようなシチュエーションもなかったし、最後はアレで終わりかと口がポカーンとなってしまう内容。
チャン・ツィイーも綺麗だし、金城武もかっこいいかもしれないけど、単なる美男美女の恋愛とアクションが混じっただけで、おもしろくはない。

鑑賞記[ラ行] | 14:06:27 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.61 「レッド・オクトーバーを追え!」
レッド・オクトーバーを追え!

原題 : THE HUNT FOR RED OCTOBER
制作 : 1990年、アメリカ
監督 : ジョン・マクティアナン
出演 : ショーン・コネリー、アレック・ボールドウィン、スコット・グレン、サム・ニール

ストーリー
ソビエト連邦の最新鋭原子力潜水艦レッド・オクトーバーが、アメリカ東海岸に接近した。目的はアメリカへの攻撃か、亡命か。
CIAのアナリストであるジャック・ライアンは、艦長ラミウスの真意を探るべくレッド・オクトーバーへの接近を試みようとしていた。しかし、レッド・オクトーバーはすでに撃沈命令を受けたソ連の海軍から狙われていた・・・。

感想
<私的潜水艦映画シリーズ第5弾>
以前から書いているように潜水艦映画をいろいろと見始めている私。今回鑑賞したのは、原子力潜水艦を扱った現代の映画である。原子力潜水艦を題材にした映画は他に「クリムゾン・タイド」があったが、この映画は潜水艦内部がメインではなく、男たちのやりとりが中心かと思う。
現代の潜水艦はスイッチを押せば、魚雷が勝手に敵を追いかけていく。「U・ボート」など第2次世界大戦の頃の潜水艦は手探りで、魚雷が当たるかどうかはやってみないとわからないような状況であったわけで、技術力が大幅に変化しているのである。だから、現代を舞台にした映画はそれまでの人間同士の葛藤に重点が置かれることが多い。「クリムゾン・タイド」では艦長と副艦長との対立が軸であったが、この作品はジャックとアメリカ潜水艦艦長とのかけ引き、ジャックとラミウス艦長とのかけ引きが軸になっている。
前半はすこしダルイ感じを受けたが、後半の潜水艦内でのアクションや、魚雷攻撃など潜水艦同士の戦いは盛り上がって面白いと思う。また、ラミウス艦長は私が今までみた潜水艦映画の艦長の中では、一番しっかりしており、隙がないように思う。

鑑賞記[ラ行] | 15:48:20 | Trackback(1) | Comments(0)
vol.27 「猟奇的な彼女」
猟奇的な彼女

原題 : 엽기적인 그녀 (英題)MY SASSY GIRL
制作 : 2001年、韓国
監督 : クァク・ジェヨン
出演 : チョン・ジヒョン、チャ・テヒョンほか

ストーリー
大学生のキョヌはある夜、駅でベロベロに酔っ払っている女の子に出会う。可愛い顔をしながら、殴る蹴るといった過激な行動を繰り返し、「ぶっ殺されたい?」というのが口癖。終始、彼女のペースに飲み込まれ困惑するキョヌだが、彼女にはある秘密があった・・・。

感想
可愛い顔をしながら、凶暴な行動を繰り返す女の子。そんな彼女に振り回されるキョヌ役の人の表情がおもしろい。ストーリーに破天荒な部分があるが、後半は切ない感じで進んでいく。最初に張っていた伏線が、最後に明かされる展開となっている。これを見た後に「僕の彼女を紹介します」を見ると更におもしろいかも。
きれいなソウル語を使っており、韓国語の勉強にもなるらしい(人から聞いた情報)。けど、韓国語の基礎がわかっていないと意味はわからないが(笑)。


鑑賞記[ラ行] | 10:51:58 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.23 「ラブ・アクチュアリー」
ラブ・アクチュアリー

原題 : LOVE ACTUALLY
制作 : 2003年、イギリス
監督 : リチャード・カーティス
出演 : ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、コリン・ファース、アラン・リックマンほか

ストーリー
秘書に恋したイギリス首相、夫の浮気を感じる熟年主婦、義理の息子との関係に悩む父親、親友の花嫁に恋する男、クリスマスソングで起死回生に挑むロックスター、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家。19人の男女が織り成す様々なラブ・ストーリー。

感想
ヒュー・グラントって二枚目から三枚目までこなす、若干タレ目であるが(笑)、私は好きな俳優である。その彼が出演しているということで、鑑賞した。結構、知っている俳優が多い。
リーアム・ニーソンは「スター・ウォーズ エピソードⅠ」に出演した長身の俳優。コリン・ファースは「ブリジット・ジョーンズの日記」でヒュー・グラントと共に出てたなあ。そして、この映画を見直していて、「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出演していたキーラ・ナイトレイが夫の親友に想いを寄せられる花嫁を演じていたことに気づいた(分かっていた人には当たり前の話か?)。他に「ダイ・ハード」の悪役、「ハリー・ポッター」シリーズの先生役で出演したアラン・リックマン。そのアラン・リックマンに絡んでくる「Mr.ビーン」でおなじみのローワン・アトキンソン。主要出演者が多いので、出演者欄には代表的な人物しか書けなかった。
で、肝心の内容だが、笑いも入ったラブ・ストーリー。恋愛物だが、男女の恋愛だけでなく、男の友情、親子の愛といったものも混ざっている。ローワン・アトキンソンがいい味を出している(笑)。複数の登場人物があちこちの場所で物語を同時並行的に進めていくのだが、そこが私はおもしろいと思う。おもしろくないと感じる人は多分、おもしろくないだろう。私はおもしろかったけどね。
ちなみに、私の好きな「シャーロック・ホームズの冒険」に出演した二代目ワトスン役のエドワード・ハードウィックがおじいさん役で登場している。ちょっとだけのシーンだが、随分年を取ってしまわれたなあと感じた。
もうひとつ、アメリカのテレビドラマ「24-TWENTY FOUR-」に主人公ジャック・バウアーの娘で登場するキム役のエリシャ・カスバートがこれもまたちょっとだけ出演している。よく見てないと見逃すかも。

鑑賞記[ラ行] | 15:27:55 | Trackback(1) | Comments(0)
vol.21 「ラスト サムライ」
ラスト サムライ

原題 : THE LAST SAMURAI
制作 : 2003年、アメリカ
監督 : エドワード・ズウィック
出演 : トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪ほか

ストーリー
オールグレン大尉は、かつて南北戦争で国のために戦った英雄だったが、原住民討伐に失敗し、酒におぼれる日々を送っていた。そんな彼が、日本政府に西洋式の大砲の扱い方を教えるために来日した。 初めて侍たちと一戦を交えたオールグレンは負傷し、政府軍に反旗を翻す侍の大将・勝元の村に運ばれる。明治維新後の日本は、近代化の波が押し寄せてきており、勝元は侍の時代の終焉を感じていた。この勝元との出会い、侍たちとの触れ合いを通して、やがてオールグレンはその静かで強い精神に心を動かされていくのだが・・・。

感想
日本を舞台にしたハリウッド映画。私が一番最初に買ったDVDでもある。渡辺謙がアメリカ進出していくきっかけになった作品。他の有名どころの日本人俳優は、英語をしゃべれず日本語のまま。まあ、侍たちがべらべら英語をしゃべれるのはおかしいが。 物語はもちろんフィクション。明治維新後に勝元のような侍はいなかったと記憶しているが・・・。アクションシーン以外はわりと静かな感じで進む映画だと思う。

鑑賞記[ラ行] | 11:17:31 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.10 「レオン」
レオン 完全版 アドバンスト・コレクターズ・エディション

原題 : LEON
制作 : 1994年、フランス・アメリカ
監督 : リュック・ベッソン
出演 : ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンほか

ストーリー
ニューヨークに住む腕は一流だが、孤独な殺し屋・レオン。彼はある日、隣の部屋の住人である少女・マチルダをかくまうことになる。彼女は麻薬捜査局のスタンフィールドに家族を殺されたのだ。生き残ったマチルダは一番大切だった弟の仇を討つために、レオンから殺しの手ほどきを受ける。復讐の機会をうかがう少女と殺し屋の奇妙な共同生活が始まるのだが・・・。

感想
いいねえ、この映画。ジャン・レノの渋い演技。ナタリー・ポートマンの12~13歳とは思えない色気を出す雰囲気。弟の仇であるスタンフィールド役のゲイリー・オールドマンがこの映画を更に面白くしている。ゲイリー・オールドマンが何かの薬を飲むシーンの顔の変化がすごい。悪役がしっかりしていれば、より主人公側が引き立つと思う。親子以上に離れているレオンとマチルダがお互いに惹かれあっていくラブ・ストーリーでもある。基本的に私は、主人公がアレ(あえて伏せておく)になる話は好きではないが、この映画はこれでよかったのかもしれないと思った。

鑑賞記[ラ行] | 16:21:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。