■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.162 「北の零年」
北の零年 通常版

制作 : 2005年、日本
監督 : 行定勲
出演 : 吉永小百合、豊川悦司、柳葉敏郎、石田ゆり子、石原さとみ、香川照之、渡辺謙ほか

ストーリー
明治四(1871)年、庚午事変の処分により、徳島藩・淡路島から未開の北海道・静内への移住を命じられた稲田家の家臣一同。先遣隊として先に静内にいる夫・小松原英明のもとへ向かった妻・志乃は娘と共に厳しい冬を乗り越えながら、稲田家当主がやってくるのを待ちわびていた。北海道に移り、二年目の春。稲田家の当主がやってくることになったが、廃藩置県により移住命令が反故になったことを告げると、そのまま帰ってしまう。置き去りにされた志乃たちは、この地で暮らすために作物を根付かせようとするが、うまくいかない。そんな中、極寒の地でも育つ稲を求めて、札幌に向かった小松原だが、その後の消息が不明に。志乃たちに待ち受けていたのは厳しく辛い運命だった・・・。

感想
明治時代初頭、淡路島から北海道の地にやって来た武士とその家族たちの運命を描いた作品だ。
主演は日本の大女優・吉永小百合。共演は渡辺謙、豊川悦司とそれぞれで一本ずつ映画を製作できるキャストでありながら、全員を活かしきれているかというと、首を傾けたくなるような映画である。
前半は何もないような大地を必死で開拓していこうとする人々の様子を描き、期待できるかなと思いきや、後半で数年後に飛び、なんだかなあという展開で物語が終結してしまう。唯一、香川照之の怪演が目立った作品だな。

スポンサーサイト
鑑賞記[カ行] | 22:29:23 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.161 「キッド」
キッド 特別版

原題 : THE KID
制作 : 2000年、アメリカ
監督 : ジョン・タートルトーブ
出演 : ブルース・ウィリス、スペンサー・ブレスリン、エミリー・モーティマーほか

ストーリー
著名人にイメージ・アップのためのアドバイスをしている、優秀なイメージ・コンサルタントのラスはもうすぐ40歳の誕生日を迎えようとしている独身男。ある夜、ラスは自宅で小さな男の子を目撃するが見失ってしまう。翌日もその男の子を見かけたラスは、その少年が32年前の自分自身「ラスティ」であることを知る。少年ラスティとの交流から、ラスは自分が子供の頃に描いていた夢を何一つ叶えていないことに気づくのだが・・・。

感想
仕事に追われた中年男が、少年の日の自分と対面することで忘れていた自分にとっての幸せを思い出すという映画だ。仕事も順調、お金も持っているが、本当に成功したのか、幸せなのかということがテーマなのかな?
この作品はディズニー映画だそうで、残酷なシーンもなく、リラックスして鑑賞できる映画かと思う。

鑑賞記[カ行] | 13:10:43 | Trackback(0) | Comments(0)
むかし見た映画(6) 「魔女の宅急便」
魔女の宅急便

制作  : 1989年、日本
監督  : 宮崎駿
声の出演: 高山みなみ、佐久間レイ、戸田恵子、山口勝平ほか

ストーリー
魔女の娘キキは13歳のある日、魔女の掟に従い、黒猫のジジと共に修行のため、故郷を旅立った。海の見える大きな港町にやって来たキキは、ある出来事をきっかけに知り合いとなったパン屋のオソノの家に居候しながら、ほうきで空を飛ぶという能力を活かした宅配の仕事を始めることに。キキはこの仕事を通して、様々な人々と出会い、落ち込みながらも一人前の魔女になるべく、奮闘していく。

感想
魔女として独り立ちするために見知らぬ町で修行することとなった少女が、さまざまな人たちとの出会いを通して、喜んだり落ち込んだりしながら成長していく姿を描いている作品だ。
ヨーロッパにあるような港町に降り立ったキキは、ほうきで空を飛ぶ能力を活かした宅配の仕事を開始する。しかし、最初に受けた仕事でいきなり届け物の荷物を落としてしまうという失敗を犯してしまったりする。キキの生活は順風満帆ではない。宅配の仕事で出会った人々と何気ない言動で傷ついたり、落ち込んだりしながら、人間として少しずつ成長していくのである。
タイトルの「宅急便」だが、これはヤマト運輸の登録商標であり、タイトルを付けた時点ではそのことに気づかず、後にヤマト運輸と交渉して協賛という形で事なきを得たのは周知の話だろう。
ネタバレになるが、魔女の能力が弱くなり、ほうきで空を飛べなくなったキキが、故障した飛行船に宙吊り状態となった少年トンボを助けに向かうクライマックスシーンは個人的に好きな場面だ。
ユーミンのオープニング・エンディング主題歌もぴったりな映画である。

むかし見た映画 | 12:35:10 | Trackback(1) | Comments(0)
vol.160 「グランド・ホテル」
グランド・ホテル

原題 : GRAND HOTEL
制作 : 1932年、アメリカ
監督 : エドマンド・グールディング
出演 : グレタ・ガルボ、ジョン・バリモア、ジョーン・クロフォード、ウォーレス・ビアリー、ライオネル・バリモアほか

ストーリー
第二次世界大戦前のベルリン。その場所にある「グランド・ホテル」は世界各国の人々が訪れては去っていく、ベルリンで最大の一流ホテル。
踊りに息詰まり、公演を自らキャンセルして自殺を考えているバレリーナ。借金を抱え、ホテル泥棒になっている中年紳士。事業がうまくいかず、合併工作を図る会社社長と彼に雇われた女速記者。死の宣告を告げられ、人生最後の楽しみとしてこのホテルで贅沢をしようとする老年の男性。一つのホテルに宿泊する人々の人生模様が繰り広げられていく・・・。

感想
今回の名作シリーズは当時、MGMという大会社のトップスターたちが競演したアカデミー賞最優秀作品賞の映画「グランド・ホテル」だ。ベルリンにある一流ホテルを舞台に5人の人物を中心に、それぞれの物語が進んでいく。後に「グランド・ホテル形式」と呼ばれる、一つの場所を舞台に様々な登場人物の物語を同時並行的に描いていく手法の起源となっているのがこの作品である。当時のトップスターたちが夢の競演を果たしている贅沢な映画であるが、グレタ・ガルボとジョーン・クロフォードが共演するシーンはなく、5人のスター全員が揃い踏みするエピソードは残念ながら描かれていない。だが、古典的名作として一度見ておくのもよいと思われる映画だろう。ちなみに映画「チャーリーズ・エンジェル」シリーズなどに出演した女優ドリュー・バリモアの祖父にあたるのが、ホテル泥棒の中年紳士を演じたジョン・バリモアであり、大伯父にあたるのが老年男性を演じたライオネル・バリモアである。

鑑賞記[カ行] | 21:23:37 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.159 「LIMIT OF LOVE 海猿」
LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション

制作 : 2006年、日本
監督 : 羽住英一郎
出演 : 伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、大塚寧々、吹越満、浅見れいな、美木良介、石黒賢、時任三郎ほか

ストーリー
海上保安官である仙崎大輔が「潜水士」となって数年が経過。今は鹿児島で救難隊員として海難救助の最前線で働いていた。恋人の伊沢環菜とは遠距離恋愛ではあるが、結婚目前まで話は進んでいた。しかし、数ヶ月前の飛行機事故の救助で大輔は悩んでおり、環菜との結婚にいまいち踏み切れない状態でいた。そんな矢先、鹿児島沖3キロの海上で600名以上の乗員・乗客を乗せた大型フェリーの座礁事故が発生する。バディの吉岡と共に救助へ向かう大輔。フェリー沈没までに残された時間は4時間。船内に駐車された多数の自動車に引火して大爆破が起こらないように必死の救助を行っていた大輔は、横浜へ帰ろうとしていた環菜を船内で目撃する・・・。

感想
2004年の映画「海猿 ウミザル」、2005年の連続ドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」に続く、一大プロジェクト「海猿」シリーズの完結編となる映画である。
劇場版第1作「海猿 ウミザル」では大輔が潜水士になるまでの訓練過程と恋人・環菜との出会いを描き、その1年後の連続ドラマでは、潜水士としての様々な試練に直面し、悩み傷つきながらも成長していくストーリーが展開されたこのシリーズだが、この劇場版第2作にあたる「LIMIT OF LOVE 海猿」では一人前の潜水士として活躍している大輔が、決死の覚悟で救助にあたる様子を描く海洋パニックに仕上がっている。
ストーリー展開では「おいおい」と突っ込みを入れたくなるような場面はあるにはあるのだが、これは劇場版第1作でもあったことなのでいまさら責めるつもりはない(笑)。ただ、キャストが活かしきれていないなあというのはある。この辺が勿体ない気がするなあ。まあ、それでも今まであまり見たことのない、潜水士の活躍を描いたシリーズとしてはよく頑張った作品じゃないだろうか。


(シリーズ関連作品)
海猿(劇場版第1作)

鑑賞記[ラ行] | 22:09:17 | Trackback(0) | Comments(0)
vol.158 「アバウト・ア・ボーイ」
アバウト・ア・ボーイ (ユニバーサル・セレクション第2弾) 【初回生産限定】

原題 : ABOUT A BOY
制作 : 2002年、アメリカ
監督 : クリス・ワイツ、ポール・ワイツ
出演 : ヒュー・グラント、ニコラス・ホルト、レイチェル・ワイズ、トニ・コレットほか

ストーリー
ウィルは、亡き父親がヒットさせたクリスマス・ソングの印税で仕事をせずにお気楽な生活を続ける38歳の独身男。仕事も恋も長続きしないウィルは、ある日シングル・マザーと付き合おうと考え、片親たちがお互いに励ましあっている集会に自らもシングル・ファーザーと偽って、参加。ウィルはそこであるシングル・マザーと出会い、デートの約束を交わす。デート当日、ウィルの前に現れたのは彼女だけでなく、同じ集会の友達の息子で、母親がひどいうつ病に悩まされている12歳のマーカスだった。その日を境に、マーカスによってウィルの生活のリズムが狂い始めるのだったが・・・。

感想
大人になりきれていない中年男性と、悩み多き少年のなにげない交流を通して、お互いが少しだけ成長する物語。
印税のおかげで働きもせず、自由気ままな生活を送っている、いい加減で適当な男が妙にはまっているヒュー・グラント。眉毛の形がおもしろい、ちょっと変わっていて周囲に溶け込めていない少年を演じるニコラス・ホルト。自殺未遂、鬱病、いじめと意外と扱っているテーマが重いのに、ふんわりした感じの映画である。
ラストは下手にまとめず、いい感じで終わっていて、よいと思う。

鑑賞記[ア行] | 15:31:54 | Trackback(1) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。