■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.80 「スクール・オブ・ロック」
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

原題 : THE SCHOOL OF ROCK
制作 : 2004年、アメリカ
監督 : リチャード・リンクレイター
出演 : ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック、マイク・ホワイトほか

ストーリー
ロックバンドでの成功を夢見る男・デューイ。ロックを心から愛している彼はあまりにも破天荒なため、ある日バンド仲間からクビを言い渡されてしまう。また、家賃の滞納で親友ネッドのアパートを追い出されるという危機も迎えていた。そんな時、ネッドのもとに私立学校の代用教員の話が舞い込むのだが、たまたま電話にでたデューイはお金目当てでネッドになりすまし、代用教員の仕事を引き受けてしまう。実際、学校に行ってもロックしか頭にない彼には、生徒たちに教師として教えることは特にない。だが、音楽の授業での生徒たちの演奏を目撃して、デューイは生徒たちを自分の新しいバンドメンバーに加えようと考えるのだが・・・。

感想
ジャック・ブラックのすさまじいテンションを楽しむ映画。これにつきるだろう。また、生徒役の子たちもそれぞれ個性的であり、ジャック・ブラックと子供たちのやりとりも楽しめる。特にリーダー的な女の子の顔の表情とかも、いかにも私は優秀よという感じが出ていておもしろい。バンドに組み入れる生徒だけでなく、裏方の仕事もそれぞれの生徒に割り振り、生徒全員でロックバンドを盛り上げるという形にしているのがよいと思う。
私はロックについてはよくわからないが、ロックの精神みたいなものは少しわかったような気がしないでもない(笑)。
後半で偽教師だと保護者たちにばれてしまうが、生徒たちのロック演奏を聞いて態度が変わるというのは御都合主義的ではあるが、映画だし、それはそれでいいんじゃないかな。何も考えずに気楽な気持ちで見ればよいと思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 11:23:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。