■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.81 「ブリジット・ジョーンズの日記」
ブリジット・ジョーンズの日記

原題 : BRIDGET JONES'S DIARY
制作 : 2001年、アメリカ
監督 : シャロン・マグワイア
出演 : レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファースほか

ストーリー
ブリジット・ジョーンズはロンドンの出版社に勤める、32歳のちょっと太めな独身女性。ヘビースモーカーで酒の量も多く、ダイエットは失敗続き。実家で開かれたパーティーで最悪の経験をした彼女は、新年にあたってある決意をする。それはタバコと酒の量を減らしてダイエットを成功させ、素敵な恋人を見るけること。ブリジットは目標を達成するために日記をつけ始める・・・。

感想
美人でもなく、スタイル抜群でもない普通の女性の視点から見たラブ・ストーリー。主演のレニー・ゼルウィガーは、この役のために体重を増やし、イギリス英語を身につけたとか。
イギリスが舞台の映画であり、ブリジットの前に現れる男性には女好きそうなヒュー・グラントと堅物そうなコリン・ファースが共演。この二人が直接絡むシーンは確かなかったと思うが、「ラブ・アクチュアリー」にも出演している。
レニー・ゼルウィガーがスバラシイ体型を使った体当たり演技が見所だろうか。女性が楽しめる映画というのが売りだったはずで、ブリジットと同年代ぐらいの女性は共感するところがあるとか、ないとか。残念ながら私は男であるため、共感できるところは見つからなかった。まあ普通かなといった印象の映画である。


(シリーズ関連作品)
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
スポンサーサイト


鑑賞記[ハ行] | 23:14:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。