■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.85 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐

原題 : STAR WARS EPISODE Ⅲ REVENGE OF THE SITH
制作 : 2005年、アメリカ
監督 : ジョージ・ルーカス
出演 : ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンほか

ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・。クローン大戦が勃発し、アナキンとパドメが極秘に結婚して3年が経過。銀河共和国と分離主義者たちとの戦闘は銀河各地で繰り広げられていた。そんな時、パルパティーン議長がドゥークー伯爵ら分離主義者に拉致されるという事件が発生。ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーは、分離主義者たちの宇宙船に乗り込み、ドゥークー伯爵と対決する。以前の決闘で片腕を失ったアナキンは、激闘の末ドゥークー伯爵を打ち破り、パルパティーン救出に成功する。
首都に戻ってきたアナキンはそこでパドメと再会し、妊娠したことを告げられ、人生最高の時を迎える。全てが解決し、銀河共和国に平和が戻ってくるかと思われたが、ジェダイ評議会は何かと不穏な発言の多いパルパティーン議長を警戒し、両者の対立は溝を深めるばかりだった。そんな中、アナキンは愛するパドメが死ぬという悪夢を見たことにより、精神が不安定になりつつあった。一方、弟子のドゥークー伯爵を失ったシスの暗黒卿ダース・シディアスは、ある人物を味方に引き入れるため画策し始めていた・・・。

感想
30年に渡る壮大なSF映画の第六作。映画は全6部の構成になっており、この映画はその第3部にあたる。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ち、ダース・ヴェイダーへと生まれ変わるまでを描く。
現時点でのシリーズ最終作にあたるこの作品は、新三部作と旧三部作をつなぐ上で欠かせないエピソードが目白押しである。このシリーズはエピソード4、5、6、1、2、3という順に製作されているため、見ている側は銀河共和国は崩壊し、ジェダイはほぼ壊滅状態になり、アナキン・スカイウォーカーはダース・ヴェイダーになってしまうということを事前に知っている。そのため他の映画と違い、あっと驚くような展開にすることはできないという制約はあるのだが、どうやって旧三部作とつなげるのかなという見方ができる映画であり、この試みはおもしろい。
エピソード3の重要ポイントは、なぜアナキン・スカイウォーカーがダース・ヴェイダーになってしまったのかである。アナキンとパドメの間に子供が生まれるという幸せの最中、パドメが出産後に死ぬという悪夢を見てしまう。かつて同じように母親が死ぬという悪夢を見ているアナキンは、愛する人が死んでしまう可能性が高いことに恐怖を感じている。ジェダイを潰し、シスを復活させたいダース・シディアスは、そのアナキンの弱い心につけ入るわけである。パドメを助ける方法はフォースの暗黒面を手に入れること。苦悩するアナキンは愛するパドメを守るため、ダース・シディアスの弟子となり、ダース・ヴェイダーと名乗り、ジェダイを皆殺しにしていくのである。アナキンが暗黒面に落ちたことを知ったオビ=ワンは、愛弟子を止めるために激しいライトセーバー戦を繰り広げることになってしまう。しかし、この戦いは師匠のオビ=ワンの勝利で終わる。肉体に激しい損傷を受けたアナキンは激しい怒りを秘めたまま、ダース・シディアスの手によって、あの黒いマスクとコスチュームを身に着けた「ダース・ヴェイダー」に生まれ変わる。同じ頃、パドメからルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナが生まれ、シリーズがひとつにつながるわけである。エンディングでルークを抱きながら夕日を見る叔父夫婦のカットで終わるわけだが、この映画を見るとやっぱりエピソード4が見たくなり、旧三部作を全部網羅して、また新三部作を見るという循環に陥ってしまうわけだな。
前作と同様、CGを随所に使い、迫力ある映像となっている。また、オビ=ワンとアナキン、ヨーダとシディアスなどライトセーバー戦もシリーズで最も多く描かれている。以前から書いているが、ライトセーバー戦は時代劇の殺陣と違って、もっさり感があって不満があるのだが、オビ=ワンとアナキンの決戦は練習を重ねたようで、ライトセーバー戦の中で一番見ごたえがある。マスター・ヨーダは前作と同じようにライトセーバーを使って激しく動き回るが、シディアスに結構痛めつけられたりする。このヨーダはCGで作っているそうだが、目とか皮膚とかは全然問題がないぐらいよくできている。
ジョージ・ルーカスはエピソード7以降は作らないと公言しているが、ルークたちのその後を描いたシリーズを作ってほしいという気持ちもあるんだよなあ。


(シリーズ関連作品)
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
スター・ウォーズ (エピソード4 新たなる希望)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソード5 帝国の逆襲)
スター・ウォーズ ジェダイの復讐(エピソード6 ジェダイの帰還)
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 15:07:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。