■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.11 「恋人はスナイパー 劇場版」
恋人はスナイパー 劇場版 プレミアム・エディション

制作 : 2004年、日本
監督 : 六車俊治
出演 : 内村光良、水野美紀、田辺誠一、中村獅童、阿部寛、竹中直人、いかりや長介ほか

ストーリー
警視庁国際課に所属する刑事・円道寺きなこは、家族との外食中に狙撃事件に出くわす。実は数日前、首相宛に国際犯罪組織「1211」を名乗る犯人から脅迫電話がかかってきていたのだ。「日本国民1億3千万人を誘拐した。身代金を5千億円用意しろ。さもなければ人質を殺していく。」日本各地で無差別狙撃事件が発生。犯人側が本気であることを確信した政府は、事件解決のため、かつて「1211」に属していた天才スナイパーを日本に呼び寄せることになった。そのスナイパーは現在、香港の刑務所で懲役250年の刑に服している王凱歌(ウォン・カイコー)。カイコーは以前、スナイパーであることを隠し、きなこの家にホームスティしていた過去があり、お互いに惹かれあった仲だった。捜査を進める中、カイコーときなこは、事件を陰で操る黒幕の正体を突き止めるのだが・・・。

感想
TVスペシャルとして過去に2本作られたシリーズの劇場版。おそらく完結編だと思われる。しかし、続編を作れるような含みも持たせているが、これで終わった方がよいかと個人的に思っている。
原作は西村京太郎の「華麗なる誘拐」。脚本はシリーズ全部を通して、君塚良一。前半は緊迫感があり、それなりによい感じなのだが、後半が少しいまいちかもしれない。
この作品はいかりや長介にとっては遺作となる映画であり、声のかすれがとても気になる。しかし、個人的にはいい味を出しているので、亡くなって本当に寂しい限りだ。
主人公が殺し屋であることから、ラストがああなることは、このシリーズを最初から見ていた時から想像できるものだった。きなことの結ばれない愛ですね。TVスペシャルをあらかじめ見ておくと、より人物関係がわかると思うが、この作品単品でも問題はない・・・と思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[カ行] | 10:10:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。