■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.90 「ネバーランド」
ネバーランド

原題 : FINDING NEVERLAND
制作 : 2004年、イギリス・アメリカ
監督 : マーク・フォースター
出演 : ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、フレディー・ハイモア、ダスティン・ホフマンほか

ストーリー
20世紀初頭のロンドン。新作劇の評判の悪さで気落ちしていた劇作家のジェームス・バリは、犬と散歩をしていた公園で、4人の息子たちとその母親で未亡人のシルヴィアと出会う。ジェームスはその日以来、シルヴィアたちと親交を深めていくが、ジェームスの妻・メアリーとの仲は冷めていくばかりだった。
そんな中、父親の死で子供らしさを失くしていたシルヴィアの三男・ピーターの姿から、ジェームスは少年時代に作り上げた想像の世界「ネバーランド」を思い起こし、新しい作品の執筆に取り掛かる。そして、子供たちとの触れ合いを通し、新作劇「ピーター・パン」を完成させるのだが・・・。

感想
父を失くし心を閉ざしていた少年と劇作家の交流から、名作「ピーター・パン」が誕生するまでの過程をファンタジー的要素を加えて描いた作品である。
ジョニー・デップが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック船長みたいな個性的な役柄ではなく、穏やかな普通の男を演じているのだが、これもなかなかよい感じ。ピーターたちと最初に出会う場面の四男とのやりとりがなんか好きだ。この映画にはダスティン・ホフマンも出演しているのだが、ひげ面というのもあってか、最初はわからず、途中で「あっ、これダスティン・ホフマンやん!」と思ったほどである。ケイト・ウィンスレットが病気の割には腕とかもたくましくて、どちらかというと健康的かなとは思ったけど、優しく見守る母親でいいんじゃないかなあ。あんまり期待せずに見たからなのかわからないが、なんかよかったと思えた映画である。
スポンサーサイト


鑑賞記[ナ行] | 21:36:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。