■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.96 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

原題 : BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON
制作 : 2004年、アメリカ
監督 : ビーバン・キドロン
出演 : レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファースほか

ストーリー
ロンドンでTVリポーターの仕事をしているブリジット・ジョーンズが、弁護士マーク・ダーシーと付き合い始めて6週間が経過。かつての会社の上司で恋人だったダニエル・クリーバーが、旅行番組のリポーターとして人気を博していることには腹の立つものの、ブリジットはマークと幸せで楽しい毎日を送っていた。そんなある日、マークが美人でスタイルの良いアシスタントのレベッカと怪しい関係になっているという噂を聞き、ブリジットは不安になってしまう。その後もマークとのいろいろな出来事を通して、上手くやっていけないと感じたブリジットは、ついにマークと大ゲンカをしてしまう。マークとの連絡が途絶え、落ち込むブリジットのもとに、ダニエルとコンビを組んでタイをレポートする企画が持ち込まれることになり・・・。

感想
美人でもなく、スタイル抜群でもない普通の女性の視点から見たラブ・ストーリーの続編。レニー・ゼルウィガーがこの役を演じるために、再び体重を増加させている。というか、前作よりもパンパンになってるよ、ブリジットが。物語の設定は、前作のラストから数週間が経った後のようである。ハッピーエンドで終わった前作であるが、そのハッピーエンドには続きがあり、ずっとハッピーっていうわけじゃないよというのを描いている。多分。ヒュー・グラントの嫌な男度が前回よりもアップ。コメディ的部分が増えたような感じがする。
私は前作よりも今回の映画の方がおもしろかった。前作がおもしろかったという人には、今作はいまいちだという声もあるにはあるのだが。映画のおもしろさは人それぞれだと思うし、いいんじゃないかなあ。でも、前作から気になってるんだけど、なんでこのブリジット・ジョーンズは二人の男から好かれるんだろう・・・。うーん、わからん(笑)。


(シリーズ関連作品)
ブリジット・ジョーンズの日記
スポンサーサイト


鑑賞記[ハ行] | 20:40:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。