■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.100 「眼下の敵」
眼下の敵

原題 : THE ENEMY BELOW
制作 : 1957年、アメリカ
監督 : ディック・ポウエル
出演 : ロバート・ミッチャム、クルト・ユルゲンスほか

ストーリー
第二次世界大戦下の南大西洋。アメリカの駆逐艦へインズ号の艦長マレルは、着任以来自室にこもりきり。マレルが民間出身で実戦経験のない素人艦長ということもあり、乗組員からは船酔いしているのではないかと陰口をたたかれていた。そんなある日、へインズ号はドイツの潜水艦Uボートを発見。その知らせを受けたマレルは、乗組員たちの前に姿を現し、追跡を命じる。一方、味方が手に入れた暗号文書をドイツへ持ち帰るという使命を帯びていたUボートの艦長ストルバーグは、へインズ号に攻撃を仕掛ける。しかし、へインズ号はぎりぎりのところで攻撃をかわす。マレルが敵の動きを読み切っていたからだ。こうして、へインズ号対Uボート、マレル対ストルバーグの頭脳戦が開始される。

感想
<私的潜水艦映画シリーズ第6弾>
潜水艦映画としては古典的名作といわれている作品。
アメリカの駆逐艦とドイツのUボートの攻防を描いたこの映画は50年前に製作されたのだが、現在でも決して見劣りしない映画である。まあCGがない時代だし、技術的にも未熟な部分があるから明らかに合成だなとわかるシーンはあるものの、艦長同士の頭脳戦を楽しめる、いわば脚本で観客をひきつける作品かと思う。
アメリカ側の艦長は、もともと船乗りであり、ドイツのUボートの魚雷によって、新婚の妻を失うという過去があった。その後、戦争に参戦しへインズ号の艦長として就任するが、乗組員はそんな過去も知らず、民間出身の艦長に何ができるのかという不信感がある。着任以来、姿を現さなかった艦長だが、Uボートを発見し、攻撃の指揮を執ることになる。Uボートの動きを予測し、的確な指示を出す艦長の切れ者ぶりに、今まで不信感を抱いていた乗組員は、その考えを改めることになるのである。一方、Uボートの艦長は、第一次世界大戦から参加しているベテラン。二人いた息子はそれぞれ戦死しており、この戦争に無意味さを感じている。ヒトラーの幻想から醒めている艦長と友人の士官は、ヒトラーにかぶれている他の士官の行動を見て、がっかりしているシーンもある。この二人の艦長がお互いに出し抜きあいながら、攻防を繰り広げていく。この映画はどちらかが圧勝するというわけではなく、公平に描いている。
他の戦争映画だと暗くなりがちだが、ラストも明るめであり、こういう終わり方もやっぱりいいよなと思う。敵同士でありながら、お互いに認め合っている、男の友情を感じるような作品である。戦闘シーンもハラハラして面白い。潜水艦映画好きは絶対に見ておくべき作品なのもうなずける。
スポンサーサイト


鑑賞記[カ行] | 21:12:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。