■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
むかし見た映画(5) 「ルパン三世 カリオストロの城」
ルパン三世 - カリオストロの城

制作 : 1979年、日本
監督 : 宮崎駿
声の出演: 山田康雄、小林清志、増山江威子、井上真樹夫、納谷悟朗、島本須美ほか

ストーリー
ゴート札という偽札を製造し、世界経済の裏側で暗躍していると伝えられているカリオストロ公国にやって来た世界的大泥棒ルパン三世と相棒の次元大介。ゴート札の秘密を暴こうとするルパンたちは、追っ手に追われているカリオストロ公国の王女クラリスと出会う。クラリスはカリオストロ公国大公家の継承者であり、現在、実権を握っているカリオストロ伯爵はクラリスと結婚し、公国を完全に自分のものにしようと企んでいた。クラリスが再び、捕らわれの身となったことを知ったルパンは彼女を救出するため、伯爵の居城・カリオストロ城への潜入を試みるのだが・・・。

感想
怪盗アルセーヌ・ルパンの孫ルパン三世が活躍する人気アニメの劇場版第2弾。宮崎駿が監督を務めており、ルパンの映画の中でも最高傑作といわれている作品だ。
25年以上前の作品であるため声優陣の声も若々しく、そしてストーリーもしっかりしていておもしろい。普段おちゃらけた感じのルパンだが、少し大人目の設定となっている。カーチェイスなどのアクションシーン、笑いあり、ハラハラありといろいろ楽しめる。
そして、この映画で忘れてならないのは、ラストの銭形警部のクサい名ゼリフだろう。ネタバレになるけど、無事クラリスを救出することに成功したルパンたち。クラリスはルパンに自分も連れて行ってほしいと頼むが、ルパンは葛藤があるものの、最終的には紳士的な対応でクラリスを説得し、去っていく。ルパンを見送るクラリスのもとに、銭形警部が現れてクラリスに一言。「あいつ(ルパン)はとんでもないものを盗んでいきました。」クラリスは銭形にルパンは何も盗んでいないというが、銭形は真顔でクラリスに「あなたの心です!」と言うわけだよ。映画の一連の流れを見た後に効いているこの名シーン。やっぱりこの作品はよいです。
スポンサーサイト


むかし見た映画 | 22:54:42 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ルパンⅢ世
ルパンⅢ世といえば、ルパンが峰不二子と次元、五ェ門の4人で銭形のとっつぁんとやり取りをする漫画とおもってますよね?実は「ルパン8世」っていうのが存在してたのしってましたか?! 2006-09-10 Sun 00:03:31 | 最新・注目・話題のアレって??
宮崎駿(みやざきはやお)監督作品スタジオジブリ映画
宮崎駿(みやざきはやお)監督作品スタジオジブリ映画 2006-11-12 Sun 16:46:09 | 宮崎駿(みやざきはやお)監督作品スタジオジブリ映画

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。