■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.103 「SHINOBI」
SHINOBI

制作 : 2005年、日本
監督 : 下山天
出演 : 仲間由紀恵、オダギリジョー、黒谷友香、沢尻エリカ、升毅、椎名桔平ほか

ストーリー
徳川家康が天下を統一した江戸時代初頭。長きに渡って敵対関係だった伊賀と甲賀の忍者二大勢力は、初代・服部半蔵との約定により互いに争うことを禁じられ、それぞれの里で静かに暮らしていた。平穏な暮らしの間に伊賀頭目の孫娘・朧(おぼろ)と甲賀頭目の孫息子・弦之介は互いの立場を知らずに運命的な恋に落ちていた。そんな折、家康から伊賀・甲賀の両里からそれぞれ五名を戦わせ、どちらが生き残ったかによって時期将軍を決めるという指令が下る。伊賀と甲賀から精鋭五名ずつが選抜され、その中には朧と弦之介も含まれていた・・・。

感想
特撮アクションが見所のスーパー時代劇映画とでもいうべき作品だろうか。内容はそれぞれの忍びが己の力を使って戦っていき、家康のもとへ向かうという話だ。この己の力というのが忍術なわけだが、すでに忍術のレベルを超えている。手が伸びたり、顔を入れ替えたり、瞳を見ただけで内臓が破裂したり、殺しても殺しても生き返る不死身の体を持っていたりと伊賀・甲賀の忍びは超人である。
身分の違う主人公二人が運命的な恋に落ちるとストーリーで書いたが、運命的に恋に落ちたというシーンが映画本編でたっぷり語られているわけではない。それぞれが身分を明かさずに二人の恋愛描写を丁寧に描いていき、後半でその素性と逃れられない宿命みたいなものが提示されていたら、クライマックスのシーンも印象が違っていただろうにと個人的に思う。
役者陣に注目してみると椎名桔平と升毅が怪演している。特に椎名桔平の姿・衣装はプッと噴出しそうないでたちである。例えるならなんだろうなあ、なんかキョンシー映画に出てきそうな悪役の道士みたいな姿である(えっ、わかりにくい?)。わかりにくいなら、実際見てみたらわかるだろう。
映像は綺麗である。ライダー・戦隊物の特撮なんかを時代劇に組み込んだような作品である。興味があったらどうぞ。
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 15:04:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。