■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.108 「スピード2」
スピード2

原題 : SPEED 2: CRUISE CONTROL
制作 : 1997年、アメリカ
監督 : ヤン・デ・ボン
出演 : サンドラ・ブロック、ジェイソン・パトリック、ウィレム・デフォーほか

ストーリー
ロス市警のジャックと別れたアニーは、新しい恋人アレックスと幸せな日々を送っていた。そんなある日、豪華客船でカリブ海をクルージングすることになったアニーとアレックス。快適な旅を楽しむはずだった二人だが、ある男によって豪華客船はシージャックされてしまう・・・。

感想
豪華客船という巨大な乗り物が舞台となる映画。1作目の主役ジャックを演じたキアヌ・リーブスは降板しており、2作目では名前でしか登場しない。前作のラストで恋人関係になったが、長続きしなかったようである。アニーの新しい恋人であるアレックスも実はジャックと同じようにSWAT隊員であり、今回の物語で活躍することになる。多分、キアヌ・リーブスが続投していれば、ジャックが奮闘する物語になったんだろうなあと感じたりした。
前作はバスという身近にある乗り物に爆弾が仕掛けられ、スピードを落とすと爆発するというスリルがあったのだが、今回は豪華客船が犯人に乗っ取られ、操縦不能になるという展開で、スピード感はほとんど伝わらない。これは乗り物がでかすぎるからだろう。だから、タイトルとして「スピード」を使ったのは失敗である。サンドラ・ブロックが続投しているだけであり、活躍するのはほとんどジェイソン・パトリックなんだから、別物として作った方がよかった。ただ、映画としてはそれほど見れないというわけではない。「スピード」シリーズと思わなければ、これはこれでありだったかも。タイトルだけ変えて、サンドラ・ブロックの役名や話している内容から、「ああ、これはあのキアヌ・リーブスのスピードと関連しているのか」という展開の方が私はよかったかなあ。


(シリーズ関連作品)
スピード
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 22:11:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。