■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.126 「ブラザーズ・グリム」
ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディション

原題 : THE BROTHERS GRIMM
制作 : 2005年、アメリカ
監督 : テリー・ギリアム
出演 : マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、レナ・へディほか

ストーリー
19世紀のドイツ。いかさま魔物退治で賞金を稼いでいたウィルとジェイコブのグリム兄弟は各地を旅していた。しかし、あるドイツの村でいかさまがばれ、その地を支配するフランスの将軍に捕まってしまう。そんなグリム兄弟に将軍は別の村で起きている連続少女失踪事件の解明を命じられる。グリム兄弟はその村に住んでいた猟師の娘アンジェリカをガイドに、森の奥にそびえ立つ塔へ向かう。その頃、森に不気味な異変が起こり始めていた・・・。

感想
ちょっと想像していたものと違っていた感じである。グリム兄弟が主人公であり、グリム童話に出てくる赤ずきんちゃんとかの話を上手い具合に取り入れたファンタジー映画かと思っていたんだけど・・・。いやね、確かにグリム童話のエピソードに出てくるものはあるにはあるんだけど。なんか違うよなあ。別にファンタジーなんだから魔法を使って戦えとかはいわないけど、やりようによってはもっと面白くできたんじゃないのかな。というかグリム兄弟である必要性はあったのだろうか・・・。うーむ、微妙な感じの映画である。
スポンサーサイト


鑑賞記[ハ行] | 23:21:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。