■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.127 「電車男」
電車男 スタンダード・エディション

制作 : 2005年、日本
監督 : 村上正典
出演 : 山田孝之、中谷美紀、国仲涼子、瑛太、佐々木蔵之介、木村多江ほか

ストーリー
コンピュータ会社で働くアキバ系オタク青年は生まれて22年間彼女がいない。そんな彼がある日、電車内で酔っ払いに絡まれていた美しい女性を助けることに。後日、彼女からお礼にエルメスのティー・カップをもらう。女性と付き合ったことはおろか、まともに話したこともない彼はこの出来事に舞い上がり、インターネットの掲示板に書き込み、その住人たちからアドバイスを受け始める。こうして掲示板の住人たちから「電車男」と呼ばれるようになった彼は、美しき女性「エルメス」を食事に誘うために奮闘していくのだが・・・。

感想
本、ドラマもヒットしたアキバ系オタクと美女の恋愛模様をインターネットの掲示板の住人たちが指導したり、見守っていくという話。恋愛をしたことがない男と美女の恋愛という内容だけなら、今までもあっただろうし新鮮味にかけるだろうが、主人公の電車男にファッションやデートプランなどを掲示板を通して指南していったりするというところが今風なのかな。まあ、これが実話なのか、フィクションなのかは定かではないけど、映画全体的には悪くないと思う。
ただね、掲示板の住人と電車男のやり取りが少ないかなあ。そこがないと普通の恋愛映画になっちゃうし。くせのある住人たちとのやり取りが大事なんだけどなあ。まあ、2時間の映画でそこまで要求するのは無理だよな。細かくやっているのはテレビドラマ版だと思うし。電車男ってどういう話なのか、手っ取り早く知るために見るのもいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト


鑑賞記[タ行] | 23:05:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。