■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.138 「アイランド」
アイランド 特別版

原題 : THE ISLAND
制作 : 2005年、アメリカ
監督 : マイケル・ベイ
出演 : ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスーほか

ストーリー
近未来。地球は汚染され、生き残った人々は巨大施設で規則正しい生活を送っていた。そんな彼らの希望は地球で唯一汚染から免れたという「アイランド」へ移住すること。しかし、アイランドへ向かうためには施設で行われている抽選に当選しなければならない。人々はそれぞれアイランドへいつの日か移住できる日が来るのを待っており、その中にリンカーンとジョーダンの姿もあった。そんなある日、ジョーダンがアイランド行きの抽選に当選し、大喜び。だが、リンカーンはアイランドへ行くということは自分の死を意味しているという事実を知ってしまう。リンカーンはジョーダンの命を救うため、施設からの脱走を図るのだが・・・。

感想
近未来を舞台にした映画。裕福な人間たちが自分のクローンを作り、病気などで臓器が必要になったときに自分のクローンから提供してもらうというテーマを扱った作品である。
作られたクローンたちは一つの施設に集められ、施設の外は汚染されているという情報を植えつけられ生活している。彼らの希望は唯一汚染されていない「アイランド」へ移住すること。いつの日かアイランドへ行ける日を夢見ているのだが・・・。実際、彼らがアイランドへ行くというのは、クローンのもとである人間に臓器を提供することである。その事実を知ったリンカーンは汚染されているという施設の外へジョーダンと共に逃亡を図る。しかし、追っ手たちはクローン製造の事実を知られるのはまずいため、必死の追跡を開始する。ハラハラ、ドキドキする映画である。
スポンサーサイト


鑑賞記[ア行] | 23:43:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。