■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.144 「フィールド・オブ・ドリームス」
フィールド・オブ・ドリームス

原題 : FIELD OF DREAMS
制作 : 1989年、アメリカ
監督 : フィル・アルデン・ロビンソン
出演 : ケビン・コスナー、エイミー・マディガン、ギャビー・ホフマン、レイ・リオッタほか

ストーリー
アイオワ州のトウモロコシ畑の農場主レイ・キンセラはある日、「それを作れば、彼がやってくる」という謎の声を聞く。その後、何度もその声を聞いたレイは生活の糧であるトウモロコシ畑を潰して、自身の夢であった自作の野球場を建設する。町の人々はレイの行動に冷ややかな反応を示すだけであったが、妻のアニーはレイを温かく見守っていた。しかし、野球場を作っても何も起こらず、レイはあの声はやはり幻聴だったのかと半ば諦めていると、ある日、一人娘のカリンが球場に男の人が立っていると告げる。その男は1919年のブラックソックス事件で野球界を追われた、今は亡き伝説の大リーガー”靴なしジョー”ことジョー・ジャクソンその人だった・・・。

感想
妻子を持つ男が、謎の声に導かれるように自分の信念に従って行動し、自分の夢に挫折した人々に会っていくという物語。
野球とファンタジーが混じった映画かと思う。アクションとか、大爆笑とかはないがほんわかした気持ちで見ることができる作品かと思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[ハ行] | 17:55:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。