■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.145 「デイ・アフター・トゥモロー」
デイ・アフター・トゥモロー (2枚組 プレミアム)

原題 : THE DAY AFTER TOMORROW
制作 : 2004年、アメリカ
監督 : ローランド・エメリッヒ
出演 : デニス・クエイド、ジェイク・ギレンホール、イアン・ホルム、エミー・ロッサムほか

ストーリー
二酸化酸素の大量排出による地球温暖化は日々、深刻さを増していた。南極の氷河を調査していた古代気象学者ジャック・ホールは、調査結果を学会で発表し、このペースでいけば100年から1000年後には大嵐の発生や氷河期が訪れると警告する。しかし、ジャックの予測に反し、ロサンゼルスでは巨大竜巻、東京ではゴルフボールサイズの雹が降り注ぎ、ニューヨークは洪水で水没と、異常気象が発生していた。そして、北半球では氷河期が訪れ始め、次第に氷の世界へと変貌していき、アメリカ国民など北半球に住む人間は、キューバといった南の地方への脱出を試み始める。そんな中、ジャックは、仲間と共にニューヨークの図書館で生き延びていた息子サムを救出するため、雪に覆われたニューヨークへ決死の覚悟で旅立つのだった。

感想
地球温暖化による異常気象で氷河期が訪れた地球を舞台にしたSFパニック映画。
現実の地球でも起きないとは限らない現象であり、ある意味怖さのある作品だろう。この手の作品の場合、地球の危機を救う英雄が出てきそうなのだが、この映画に関してはそんな人物は出てこない。主人公の気象学者ジャックは、異常気象が発生するという予測は立てるが、終盤は息子を助けるためにただただ雪の世界を歩いていくという地味な活動であり、特に活躍する場面もない。実際、自然の猛威に対して人間はなす術もなく、ひたすら過ぎ去るのを耐えるしか手段はないと思う。こういう現象が発生しないように対策を打つぐらいしかできそうにない。でも、その対策を行うことも今の世界では難しそうだ。
映画の中には日本の東京が出てくるが、ちょっと東京の街並みには見えない。アジアの繁華街というか、路地裏みたいな場所に見えるよなあ。
スポンサーサイト


鑑賞記[タ行] | 21:27:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。