■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
閑話
劇場で大ヒットし、よくCMなんかで「おもしろい~!」ってな感想があり、周りの評判も上々な映画を実際見に行ってみると、「みんながそう言うほどでも・・・」という感想になる。

これは私自身が期待して見に行くからなのだろうか?
あまりにも期待しすぎて、「あれれっ!?」ってな感じになってしまうことが多い(パイレーツ・オブ・カリビアンを初めて見た時もそうだったし)。

日本アカデミー賞を受賞した映画を実際見てみると、あんまりおもしろくない。私がその映画に興味がないだけだからだろうけど・・・。

人によってはアクションが好きとか、ホラーが好きとか、あるだろうけど、私はストーリーがおもしろい映画が好きだ。この「おもしろい」には、私をひきつけたり、ストーリーが単純におもしろかったり、設定がおもしろかったりと、いろんな意味を含んでいる。
まあ、映画ってその人がおもしろいと思えばそれでよいわけだし、つまらないと感じるのも自由だし。ただ、私はいつも期待しながら見ているけどね(ハズレの映画の時の落胆度も大きくなるが・・・)。
スポンサーサイト


雑記 | 22:27:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。