■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.151 「ゴッドファーザー PART2」
ゴッドファーザー PART II

原題 : THE GODFATHER PARTⅡ
制作 : 1974年、アメリカ
監督 : フランシス・フォード・コッポラ
出演 : アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロほか

ストーリー
亡き父ヴィトの後を継ぎ、ファミリーのドンとなったマイケル・コルレオーネはニューヨークから西部ネバダ州へ拠点を移していた。ドンの椅子に座るマイケルは一代でファミリーを築いた父ヴィトのことに思いを巡らしていく。

感想
シリーズ第2弾。ファミリーのドンとなったマイケルの苦悩の日々と、ファミリーを作ったヴィトの若き日の物語を交互に織り交ぜながら進んでいくという構成となっている。
ヴィトは前作ではマーロン・ブランドが演じていたのだが、さすがに若き日を彼が演じるのは難しい。そこで、ヴィトの青年時代をロバート・デ・ニーロが演じている。まだ有名になる前のロバート・デ・ニーロだが、役作りを徹底して行うデ・ニーロは前作でマーロン・ブランドが行っていた仕草を研究してこの映画に取り込んでおり、前作のヴィトの青年時代を好演している。ただ、この作品は現在の話と父の若き日の話を交互に挿入してくるので、途中でどっちの話なのかわからない場面に出くわしてしまう。
映画は3時間20分という長編であり、見ごたえはかなりある。この作品を見る前に前作を見て復習してから望む方がより人物関係を理解しやすいのではないだろうか。私は前作を復習してからこの映画を見たんだけどね。


(ゴッドファーザー シリーズ)
ゴッドファーザー
スポンサーサイト


鑑賞記[カ行] | 21:00:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。