■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.158 「アバウト・ア・ボーイ」
アバウト・ア・ボーイ (ユニバーサル・セレクション第2弾) 【初回生産限定】

原題 : ABOUT A BOY
制作 : 2002年、アメリカ
監督 : クリス・ワイツ、ポール・ワイツ
出演 : ヒュー・グラント、ニコラス・ホルト、レイチェル・ワイズ、トニ・コレットほか

ストーリー
ウィルは、亡き父親がヒットさせたクリスマス・ソングの印税で仕事をせずにお気楽な生活を続ける38歳の独身男。仕事も恋も長続きしないウィルは、ある日シングル・マザーと付き合おうと考え、片親たちがお互いに励ましあっている集会に自らもシングル・ファーザーと偽って、参加。ウィルはそこであるシングル・マザーと出会い、デートの約束を交わす。デート当日、ウィルの前に現れたのは彼女だけでなく、同じ集会の友達の息子で、母親がひどいうつ病に悩まされている12歳のマーカスだった。その日を境に、マーカスによってウィルの生活のリズムが狂い始めるのだったが・・・。

感想
大人になりきれていない中年男性と、悩み多き少年のなにげない交流を通して、お互いが少しだけ成長する物語。
印税のおかげで働きもせず、自由気ままな生活を送っている、いい加減で適当な男が妙にはまっているヒュー・グラント。眉毛の形がおもしろい、ちょっと変わっていて周囲に溶け込めていない少年を演じるニコラス・ホルト。自殺未遂、鬱病、いじめと意外と扱っているテーマが重いのに、ふんわりした感じの映画である。
ラストは下手にまとめず、いい感じで終わっていて、よいと思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[ア行] | 15:31:54 | Trackback(1) | Comments(1)
コメント
はじめまして&こんにちは。
あんなことまでしてシングルマザーを遊び相手に選ぶなんて
ホント暇人でしかやりませんよね。
(^_^)
それでも「忙しくて働く暇が無い」というのが面白かったです。
まぁ38歳の子供というのは、少しばかり哀れでもありましたが。
2007-09-27 木 13:46:58 | URL | 仁左衛門 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アバウト・ア・ボーイ
録画しておいた『アバウト・ア・ボーイ』(2002年/ポール&クレス・ウェイツ監督/アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ)を見た。「ウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)は、38歳の独身男。作曲家だった亡き父の印税収入で暮らしているので定職には就いていないものの生活は 2007-09-27 Thu 13:46:37 | 仁左衛門日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。