■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.1 「ターミナル」
ターミナル DTSスペシャル・エディション

原題 : THE TERMINAL
制作 : 2004年、アメリカ
監督 : スティーブン・スピルバーグ
出演 : トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズほか

ストーリー
東ヨーロッパにあるクラコウジアから、ある約束を果たすためにアメリカにやって来たビクター・ナボルスキー。しかし、ビクターは空港で入国を拒否されてしまう。クラコウジアでクーデターが起こり、国が消滅。パスポートも無効になり、無国籍になってしまったからだ。彼は入国もできず、情勢が安定するまで帰国することもできず、英語も話せず、通貨も持っていない、いつ終わるかわからない空港での生活が始まった。 

感想
家族が新作DVDを借りてきたので、見ることにした。全体的な感想はまあまあという感じ。大爆笑というわけでもないが、それなりによかったと思う。しかし、あの空港は巨大なセットらしいね。さすがはアメリカ。かける金の額が半端じゃないようだ。ビクターと交流を深めるインド人のおじいさんがいい味を出している。86歳だとか。元気ですね。



ちなみにキャサリン・ゼタ=ジョーンズが、マイケル・ダグラスの奥さんだということを最近知った。
スポンサーサイト
鑑賞記[タ行] | 16:20:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。