■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.162 「北の零年」
北の零年 通常版

制作 : 2005年、日本
監督 : 行定勲
出演 : 吉永小百合、豊川悦司、柳葉敏郎、石田ゆり子、石原さとみ、香川照之、渡辺謙ほか

ストーリー
明治四(1871)年、庚午事変の処分により、徳島藩・淡路島から未開の北海道・静内への移住を命じられた稲田家の家臣一同。先遣隊として先に静内にいる夫・小松原英明のもとへ向かった妻・志乃は娘と共に厳しい冬を乗り越えながら、稲田家当主がやってくるのを待ちわびていた。北海道に移り、二年目の春。稲田家の当主がやってくることになったが、廃藩置県により移住命令が反故になったことを告げると、そのまま帰ってしまう。置き去りにされた志乃たちは、この地で暮らすために作物を根付かせようとするが、うまくいかない。そんな中、極寒の地でも育つ稲を求めて、札幌に向かった小松原だが、その後の消息が不明に。志乃たちに待ち受けていたのは厳しく辛い運命だった・・・。

感想
明治時代初頭、淡路島から北海道の地にやって来た武士とその家族たちの運命を描いた作品だ。
主演は日本の大女優・吉永小百合。共演は渡辺謙、豊川悦司とそれぞれで一本ずつ映画を製作できるキャストでありながら、全員を活かしきれているかというと、首を傾けたくなるような映画である。
前半は何もないような大地を必死で開拓していこうとする人々の様子を描き、期待できるかなと思いきや、後半で数年後に飛び、なんだかなあという展開で物語が終結してしまう。唯一、香川照之の怪演が目立った作品だな。
スポンサーサイト


鑑賞記[カ行] | 22:29:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。