■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.165 「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」
ザ・センチネル 陰謀の星条旗 (ベストヒット・セレクション)

原題 : THE SENTINEL
制作 : 2006年、アメリカ
監督 : クラーク・ジョンソン
出演 : マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランド、エヴァ・ロンゴリア、キム・ベイシンガーほか

ストーリー
かつてレーガン大統領を暗殺者から守ったシークレット・サービスのエージェントであるピート・ギャリソン。
そんな彼には誰にも言えない大きな秘密があった。それは現大統領のファースト・レディであるサラと愛人関係にあることだった。
ある日、ギャリソンの同僚が何者かに射殺されるという事件が発生。上層部はこの事件の捜査をデヴィッド・ブレッキンリッジに担当させる。ギャリソンとブレッキンリッジは親友同士だったが、ブレッキンリッジの離婚の原因を巡って険悪の関係となっていた。そんな中、141年間裏切り者が現れなかったシークレット・サービスのエージェントの中に大統領暗殺計画に関わっている者がいるという情報がもたらされる。さらに大統領専用ヘリが撃墜され、事態はより急務な状況へと変化。全力を挙げて犯人を捜すブレッキンリッジたち。捜査を進めていく中で、第一容疑者候補としてギャリソンの名前が挙がってくる・・・。

感想
マイケル・ダグラス、キーファー・サザーランドのサスペンス・アクション映画。
裏切り者が現れなかったシークレット・サービスに大統領暗殺計画に関わっているエージェントがいることがわかり、捜査を進めていく中、ベテランエージェント・ギャリソンの名が浮上し、ブレッキンリッジとの攻防戦が繰り広げられる。序盤から中盤は緊迫感があっていいのだが、クライマックスがどうも失速した感がある。まあ、それでもそれなりに悪くはないんじゃないだろうか。
それにしてもキーファー・サザーランドが別の役にも関わらず、姿、拳銃の持ち方などからどうしてもテレビドラマ「24」のジャック・バウアーにしか見えないのは、「24」の見過ぎだろうか(笑)。
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 19:49:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。