■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.21 「ラスト サムライ」
ラスト サムライ

原題 : THE LAST SAMURAI
制作 : 2003年、アメリカ
監督 : エドワード・ズウィック
出演 : トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪ほか

ストーリー
オールグレン大尉は、かつて南北戦争で国のために戦った英雄だったが、原住民討伐に失敗し、酒におぼれる日々を送っていた。そんな彼が、日本政府に西洋式の大砲の扱い方を教えるために来日した。 初めて侍たちと一戦を交えたオールグレンは負傷し、政府軍に反旗を翻す侍の大将・勝元の村に運ばれる。明治維新後の日本は、近代化の波が押し寄せてきており、勝元は侍の時代の終焉を感じていた。この勝元との出会い、侍たちとの触れ合いを通して、やがてオールグレンはその静かで強い精神に心を動かされていくのだが・・・。

感想
日本を舞台にしたハリウッド映画。私が一番最初に買ったDVDでもある。渡辺謙がアメリカ進出していくきっかけになった作品。他の有名どころの日本人俳優は、英語をしゃべれず日本語のまま。まあ、侍たちがべらべら英語をしゃべれるのはおかしいが。 物語はもちろんフィクション。明治維新後に勝元のような侍はいなかったと記憶しているが・・・。アクションシーン以外はわりと静かな感じで進む映画だと思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[ラ行] | 11:17:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。