■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.23 「ラブ・アクチュアリー」
ラブ・アクチュアリー

原題 : LOVE ACTUALLY
制作 : 2003年、イギリス
監督 : リチャード・カーティス
出演 : ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、コリン・ファース、アラン・リックマンほか

ストーリー
秘書に恋したイギリス首相、夫の浮気を感じる熟年主婦、義理の息子との関係に悩む父親、親友の花嫁に恋する男、クリスマスソングで起死回生に挑むロックスター、ポルトガル人のメイドと恋に落ちる小説家。19人の男女が織り成す様々なラブ・ストーリー。

感想
ヒュー・グラントって二枚目から三枚目までこなす、若干タレ目であるが(笑)、私は好きな俳優である。その彼が出演しているということで、鑑賞した。結構、知っている俳優が多い。
リーアム・ニーソンは「スター・ウォーズ エピソードⅠ」に出演した長身の俳優。コリン・ファースは「ブリジット・ジョーンズの日記」でヒュー・グラントと共に出てたなあ。そして、この映画を見直していて、「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出演していたキーラ・ナイトレイが夫の親友に想いを寄せられる花嫁を演じていたことに気づいた(分かっていた人には当たり前の話か?)。他に「ダイ・ハード」の悪役、「ハリー・ポッター」シリーズの先生役で出演したアラン・リックマン。そのアラン・リックマンに絡んでくる「Mr.ビーン」でおなじみのローワン・アトキンソン。主要出演者が多いので、出演者欄には代表的な人物しか書けなかった。
で、肝心の内容だが、笑いも入ったラブ・ストーリー。恋愛物だが、男女の恋愛だけでなく、男の友情、親子の愛といったものも混ざっている。ローワン・アトキンソンがいい味を出している(笑)。複数の登場人物があちこちの場所で物語を同時並行的に進めていくのだが、そこが私はおもしろいと思う。おもしろくないと感じる人は多分、おもしろくないだろう。私はおもしろかったけどね。
ちなみに、私の好きな「シャーロック・ホームズの冒険」に出演した二代目ワトスン役のエドワード・ハードウィックがおじいさん役で登場している。ちょっとだけのシーンだが、随分年を取ってしまわれたなあと感じた。
もうひとつ、アメリカのテレビドラマ「24-TWENTY FOUR-」に主人公ジャック・バウアーの娘で登場するキム役のエリシャ・カスバートがこれもまたちょっとだけ出演している。よく見てないと見逃すかも。
スポンサーサイト


鑑賞記[ラ行] | 15:27:55 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「ラブ・アクチュアリー」 プロポーズ
ミステリー作家のジェイミーは、弟に恋人を奪われしてしまい、傷心のまま南フランスの湖畔コテージで創作活動を行う。そこで、ポルトガルから出稼ぎにきていたメイドのオーレリアと出会う。言葉が全く通じない。ある日、ジェイミーの原稿が風で、吹き飛ばされてしまう。オー 2005-10-02 Sun 03:41:12 | 映画のセリフで口説いてみない?(男性版)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。