■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.26 「スタンド・バイ・ミー」
スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション

原題 : STAND BY ME
制作 : 1986年、アメリカ
監督 : ロブ・ライナー
出演 : ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコネルほか

ストーリー
1959年のアメリカ・オレゴンの田舎町。ゴーディたち仲良し四人組は、行方不明になった少年の死体を見つけようと、たった2日間の冒険旅行に出かける。それは人生において、忘れられない12才の夏の思い出だった。

感想
激しいアクションやサスペンスがあるというわけではなく、何気ない日常における少年たちの生活。ゆったりとしたテンポで進む、心地よい映画だと思う。それぞれの少年が家庭に何らかしらの問題を抱えており、4人で遊ぶ時だけその現実から開放されている感じを受けた。テーマソングもよく、冒険心をそそる。
この映画は、30歳を過ぎてから見ないと、本当のよさがわかならないと知り合いの知り合いが言っていた。そうなのかな?
ちなみに、4人の前に立ちふさがる不良少年を、「24」のキーファー・サザーランドが演じている。周りと見比べると、少し年齢が高いような気もするが(笑)。とにかく、全体的にはよい映画だと思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 10:25:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。