■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
24 -TWENTY FOUR- シーズン1
アメリカのドラマって、日本にはない雰囲気だったり、面白さがある。視聴率不振で謎のまま終わる場合もあるけどね。(アメリカのドラマスタイルは「日々あれこれ」の中の「がんばれ!ドラマ」を参照してください。)

さて、最近バイト先の子にアメリカドラマのひとつである「24」を勧めた。一度見たらどこでやめたらいいのか、わからないという怒涛のストーリー展開。バイト先の子もそのドラマの面白さにひかれ、途中でやめられなくなったらしい(笑)。

「24 -TWENTY FOUR-」は、キーファー・サザーランド主演の連続ドラマ。1日(24時間)に起きた出来事を1話で1時間ずつ進み、全24話見なければ話が終わらないという今までにないコンセプトのドラマである。物語がリアルタイムで進んでいき、視聴者がCMを見ている間も、時間がカウントされていくという面白い演出。画面が何分割かされて、同じ時間に別の場所で何が起こっているかを見せていく手法も取られている。
キーファー・サザーランド扮する主人公ジャック・バウアーは、アメリカのCTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局に所属する捜査官。彼が毎回、事件に巻き込まれ、最悪の24時間を体験するというのが基本ストーリー。


24 -TWENTY FOUR- シーズン1 ハンディBOX

今日紹介するのはそのドラマのシーズン1(午前0時-午前0時までの24時間)。
大統領予備選当日。午前0時にジャックはCTU長官から呼び出される。大統領候補として最有力のパーマー上院議員の暗殺計画があり、24時間以内に犯人を突き止め、パーマーを暗殺から守れという指令を命じられる。さらにCTU内部に暗殺計画に関わる内通者がいる可能性があるので、ジャックは誰にも漏らさずに極秘の単独捜査をせざるを得ない状況となる。
同じ頃、ジャックの娘で15歳のキムが深夜に外出したまま戻らず、心配をする妻のテリーは、やがてキムが誘拐されたことを知る。さらにキムを探していたテリー自身も何者かに誘拐されるという事態が起こる。
一方、当選すればアメリカ初の黒人大統領となるパーマーには、息子が過去に犯した殺人というスキャンダルが浮上する。
ジャックは暗殺犯を捜査中に、暗殺一味から妻子を誘拐したという知らせを受ける。ジャックは妻子を人質に取られ、パーマーを守るどころか、自身でパーマーを暗殺しなければならない状況に追い込まれてしまう。

このドラマで死んでいる人の数が半端じゃない。各話で最低1人は死んでるんじゃないだろうか。味方・敵を含めて。
CTU内部に内通犯がいるのだが、どいつもこいつも怪しい。
キムの行動にはいつもはらはらさせられる。見ているこっちがイラつくほどに(笑)。テリーは後半、なんかうっとおしい存在になる。

物語は午後1時あたりでひとつの区切りになる。しかし、まだ怒涛の展開が続くけど。
ジャックって主人公だけど、結構怖い奴だ。妻子のために仲間の命も奪おうとする恐ろしい行動を取る。シーズンⅡ以降はさらにすごいかもしれない。

ひとつこの物語を見て感じたことがある。よく中高年が紙をめくるときに指をなめることがある。手に脂がなくてめくりにくいためにする行為だ。日本人だけするのかと思っていたのだが、ジャックが劇中で指をなめて紙をめくるシーンがでてきたのだ。あれは個人的にはやめてほしいよなあ(笑)。

最初の12時間はよく作られているなあと思うのだが、ちょっと「アレ?」ってなシーンもある。矛盾した部分があるということだ。これは半分までは脚本が作られていて、残りはドラマの進行を見ながら変更していたためだとか。出演者も自分が犯人なのか、わからずに演じていたらしい。だから、矛盾点を感じるのだろう。しかし、怒涛の展開なので、見ているときはそんなことをあんまり感じずに、次はどうなるのだろうか、ということの方が気になるんだけどね。


最後の展開はびっくりします。そして、24時間たつと、問答無用でその後どうなったのかわからずに終わります。この終わり方も斬新かもしれない。最後は2通り作っており、どっちにするかを迷った結果、今採用されている方を選んだようである。そうしていないとシーズン2以降、設定がおかしくなるんだけどね。
この部分をバイトの子に話してあげたいのだが、知らないで見た方が衝撃を受けるだろうから、我慢している次第である。きっと驚くだろうな、あの最後と内通者には。

1度見たらおなかいっぱいだけど、はまったらやめられないサスペンスドラマ。まだ未見の人はぜひ。


ちなみに最後はどうなるのかに触れておきたい。(ネタバレになるので伏せておく。かまわない人は反転して見てね)


暗殺犯一味とつながっていたCTUの内通者は、ジャックの部下でかつての愛人ニーナ。そして、画策していたところを偶然見かけたジャックの妻テリーは、ニーナに銃殺されるというショッキングな展開になる。
テリーはジャックの子供を身ごもり、ニーナにそのことを話す。かつてはジャックの愛人だったニーナの嫉妬心で犯行に及んだのではないかという推測も成り立つが、真偽は定かではない。
CTUに戻ってきたジャックは、妻の死体を見て泣き叫びながら、静かに物語が終わるという演出になっている。
スポンサーサイト
海外ドラマ | 17:02:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。