■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
むかし見た映画(1) 「耳をすませば」
耳をすませば

制作  : 1995年、日本
監督  : 近藤喜文
声の出演: 本名陽子、高橋一生、室井滋、立花隆、露口茂、小林桂樹ほか

ストーリー
月島雫は読書が大好きな普通の中学三年生。受験生にもかかわらず、図書館に足しげく通っている。そんな雫があるきっかけで知り合った同級生の男の子・天沢聖司は、中学を卒業したらバイオリン職人になるべく、イタリアへ渡るという明確な目標を持っていた。今まで深く考えてこなかった雫は、自分の進路を決めるべくある決意を固める。

感想
この映画を初めて見たのは、ちょうど主人公と同じ中学三年生で、学校の行事の一つであった映画鑑賞会の時である。ごく普通の少女の日常を描いているだけのアニメ映画なのだが、なんだかいいんだよなあ。私は男だけど、妙にはまってしまった映画の一つ。その後、テレビで放送される度に見てしまっている。
第一印象が最悪の出会い。しかし、実は・・・。ってな展開。見ていると恥ずかしくなる部分は確かにある。こっぱずかしいという感じだろう。が、それがたまらないというのも事実である。私自身が中学生の時にこんな体験をしていなかったから、一種の憧れみたいなものがあるのかもしれない。だから、この映画にはまってしまったのだろう。
明確な夢を持っている少年と、その少年に影響されて自身の進路を考える主人公。もがき苦しみながら、どの道を行けばいいのかを自分で選ぶ。中学の時にこの映画を見せられたのも、ちゃんと意味があったのかもしれない。
スタジオジブリの作品はプロの声優だけではなく、メインキャストに俳優を使うことが多い。この映画でも例外ではない。立花隆だけはちょっと浮いているかもしれないけど(でも、あんな感じのお父さんもいるかも)。
アニメでありながら妙にリアルである。雫がシャーペンの芯を出すシーンまで表現されている。アニメではこういう余計なシーンは面倒だから作らないだろうに、あえてそういうシーンを取り入れているところがすごいと思う。
原曲をアレンジした主題歌「カントリー・ロード」もよい。あのメロディが頭にこびりついている。映画の内容とあわせて印象的である。
スポンサーサイト


むかし見た映画 | 16:18:12 | Trackback(5) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

耳をすませば
「私も会いたかった…まだ夢みたい…」もちろんジブリは基本的に好き。ナウシカとラピュタはあたしの中では殿堂入りなので除外するが、もちろん他の作品も好きなのは多い。でもってあたしの一押しはコレになる。初めてDVDを購入したのもコレ。そんな(うまく 2005-10-03 Mon 20:55:03 | アンチ・ハレルヤ♪
「耳をすませば」の聖蹟桜ヶ丘に行く
今日(7日)寒い中、聖蹟桜ヶ丘に行った。聖蹟桜ヶ丘と言えば1995年公開のスタジオジブリ作品、「耳をすませば」のモデルになった場所。多くのスタジオジブリ作品で、私はこの映画が一番好きだ。                受験を前にした中学3年生の女の子(.. 2005-12-08 Thu 13:56:58 | りゅうちゃんミストラル
『耳をすませば』☆ツタヤ映画DVD日記
『耳をすませば』 YU『いい話だよね。心が温まるって感じ』 MI『うちなんて、今はもう主人公達とほぼ同じ年齢。 気持ち分かるなぁ』 YU『相手いないじゃん』 MI『そうだけど・・・あ~言う人がいたらいいなぁ鍊』 YU『あの猫の置物。バロンだっけ。あれが 2006-09-28 Thu 16:15:10 | 子供のツタヤ映画DVD鑑賞
『耳をすませば』この映画を見て!
第172回『耳をすませば』  今回紹介する作品はスタジオジブリが製作した青春映画の傑作『耳をすませば』です。 柊あおいの同名漫画を原作にした本作品。宮崎駿が脚本と絵コンテを手がけ、スタジオジブリの数多くの作品で作画監督を務めた近藤喜文が監督を手がけました。  2007-08-30 Thu 23:41:51 | オン・ザ・ブリッジ
-
管理人の承認後に表示されます2010-08-24 Tue 20:17:37 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。