■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.3 「オーロラの彼方へ」
オーロラの彼方へ

原題 : FREQUENCY
制作 : 2000年、アメリカ
監督 : グレゴリー・ホブリット 
出演 : デニス・クエイド、ジム・カヴィーゼルほか

ストーリー
刑事のジョンは、30年前に消防士の父・フランクを亡くしていた。幼い頃で止まったままの父との思い出を今もどこか引きずっている。1999年、オーロラが発生した夜、親友の息子が引っ張りだしたままのアマチュア無線から男の声が聞こえてくる。その声の主は、30年前の数日後に殉職してしまう父であった。父も息子もお互いに信用ができなかったが、それは無線を通しての声だけのタイムスリップだった。父の死を防ぎたいジョンは、フランクに生き残る方法を知らせる。そして、フランクはジョンの指示通りの方法で死を免れる。親子の心温まる声だけのふれあい。過去を変えることで、新しい未来を手に入れたのだ。しかし、このことが原因で、彼らは思いもしない出来事に直面してしまう・・・。

感想
この話は私が結構好きな映画だ。なんでいいかは説明できないが、好きなんだなあ。父と子の心の交流を描くSFファンタジーかと思いきや、物語の後半からはサスペンスに移行する。これは序盤から張っていた伏線が関係してくる。どんな出来事が起こるのかはストーリーには書かなかった。書かない方が楽しめるのではないかと思ったからだ。若干、つじつまが合わない箇所があるかもしれないが、その点をあまり感じずに見ることができるのではないだろうか。いや~、私は本当にこの映画が好きだなあ。


ちなみに原題の「FREQUENCY」は「周波数」という意味らしい。うーん、このタイトルだったら、なんの映画なのか少し興味がそそられるのかな?
スポンサーサイト
鑑賞記[ア行] | 16:28:56 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/regist.html?mode=edit&title=%8B%B4%8C%F5%95v%82%CC%89f%89%E6%8A%D3%8F%DC%8BL%20&address=http%3A%2F%2Fhashisensei%2Eblog18%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://www.yk.rim.or.jp/~for-ac/mail.html

2005-08-06 土 20:09:32 | URL | みんなのプロフィール
[編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。