■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.38 「ハリー・ポッターと賢者の石」
ハリー・ポッターと賢者の石 特別版

原題 : HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER'S STONE
制作 : 2001年、アメリカ
監督 : クリス・コロンバス
出演 : ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンほか

ストーリー
親戚の嫌がらせを受けながら育てられた孤児のハリー・ポッターは、11歳の誕生日にホグワーツ魔法学校から入学許可証が届き、自分が魔法使いであることを知らされる。ハリーの両親は実は優秀な魔法使いで、悪の魔法使いヴォルデモートとの戦いで命を落としていた。更に両親の命を奪ったヴォルデモートを赤ん坊でありながら追い払ったハリーは、魔法界では有名人だった。真実を知ったハリーは魔法学校へ入学し、同級生のロンやハーマイオニーと共に、優秀な魔法使いになるための修行の日々を送りながら、学校内に隠された「賢者の石」を悪の手から守るために奮闘する。

感想
世界的ベストセラーを映画化したシリーズ第1弾。2時間半と長い映画だが、おもしろかったと思う。原作を読んだことがないので、映画とどのくらい違うのかはわからないが、子供から大人まで楽しめると思う。主人公たち三人がかわいらしい。アラン・リックマン扮するスネイプ先生が、謎めいていていい感じだ(笑)。
ホグワーツ魔法学校へ向かう汽車に乗るためのプラットホームが「9と3/4番線」という設定だが、なんで「3/4」なんだろうか?原作読めばわかるのかな?
魔法の呪文、ほうきによる飛行などファンタジー要素をたっぷりとつめながら、いくつかの謎を散りばめている謎解き要素も入っている映画だ。
飛行シーンや学校などが明らかにCGだとわかってしまうシーンがあって、そういうあたりは残念だが、充分楽しめる映画だと思う。


(ハリー・ポッター シリーズ)
ハリー・ポッターと秘密の部屋
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
スポンサーサイト


鑑賞記[ハ行] | 10:41:53 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【ハリー・ポッターと賢者の石】について
ハリー・ポッターと賢者の石『ハリー・ポッターと賢者の石』(ハリー・ポッターとけんじゃのいし、原題:''Harry Potter and the Philosopher's Stone'')は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが1997年に発表した、児童文学|子ども向けのファンタジー小説『ハリ 2007-05-25 Fri 20:25:52 | ハリーポッターなんでも

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。