■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.40 「マトリックス リローデッド」
マトリックス リローデッド 特別版

原題 : THE MATRIX RELOADED
制作 : 2003年、アメリカ
監督 : ウォシャウスキー兄弟
出演 : キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モスほか

ストーリー
エージェント・スミスとの戦いで救世主として覚醒したネオは、飛行能力も身につけた超人的な戦士となっていた。モーフィアスやトリニティーと共に、人類最後の都市ザイオンへ戻ったネオは、ある悪夢にうなされていた。それは、恋人であるトリニティーがマトリックスでの戦いの最中に命を落とすというものだった。不安にかられていたネオの前に、倒したはずのエージェント・スミスが自らを増殖させる術を身につけて立ちはだかる。更に現実世界では、あと数時間もすればザイオンが、人類滅亡をプログラムされた25万のセンチネルに侵略されてしまう。マシンとの戦いに終止符をうつべく、マトリックスへ乗り込むネオの限界を超えた挑戦が始まる。

感想
大ヒットSF映画シリーズの第二弾。主人公ネオがザイオンを救うべく、マトリックスで超人的な活躍を見せる物語。
前作では言葉でしか登場しなかった人類最後の都市ザイオンと、その住民たちが登場する。救世主として覚醒したネオは、大量のエージェント・スミスを相手にしても、平気なぐらいの超人的戦士となっている。更には高速飛行能力も身につけて、「ドラゴンボール」の悟空なみの活躍をしている。かめはめ波みたいな技はさすがにでなかったけどね。
この映画ではやはり、マトリックス内でのアクションシーンが前作よりもパワーアップしていることが目玉であろう。エージェント・スミス戦、高速道路のカーチェイス、屋敷内での決戦など、これでもかというCGとワイヤーを使ったアクションを見せてくれる。また、ネオのアクションシーンが前作よりも気持ち悪さが減っていてよかった。スタントはほとんど本人たちがやっているようなので、相当練習したのかもしれない。
オラクルこと預言者(予言者ではない)役の女優は、この映画を撮っている時に亡くなったらしい。だから、次作の「マトリックス レボリューションズ」では違う女優になっている。これは、ストーリー上そうなってもおかしくないように変更されている。苦肉の作だったのかもしれない。
現実世界でも超人的な力を見せながら、「次作を待て」という形になっている。レボリューションズとセットで一本の映画のようだ。


(シリーズ関連作品)
マトリックス
マトリックス レボリューションズ
スポンサーサイト


鑑賞記[マ行] | 17:41:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。