■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.41 「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」
スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス

原題 : STAR WARS EPISODE Ⅰ THE PHANTOM MENACE
制作 : 1999年、アメリカ
監督 : ジョージ・ルーカス
出演 : リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマンほか

ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・。ジェダイの騎士であるクワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービは、惑星ナブーと通商連合の紛争の調停を命じられていた。しかし、二人は交渉の場から追われてしまい、ナブーへ降り立つことになる。事態を打開すべく、クワイ=ガン・ジンたちはナブーの女王アミダラに脱出をすすめ、銀河共和国の首都コルサントに向かうことを決める。だが、通商連合の攻撃を受け、アミダラを乗せた宇宙船は破損し、辺境の惑星タトゥイーンに逃れることになる。そこでクワイ=ガン・ジンは、幼い奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーと出会う。タトゥイーンで行われるポッドレースで勝利を収めたアナキンの並外れた才能に、クワイ=ガン・ジンは驚異的な「フォース」を感じ取る。クワイ=ガン・ジンはアナキンの母親を説得し、ジェダイの騎士として教育することを決意する。宇宙船の修理を終え、コルサントへ向かおうとしたクワイ=ガン・ジンたち。だが、彼の前にダース・モールという謎の戦士が襲いかかり・・・。

感想
30年に渡る壮大なSF映画の第四作。映画は全6部の構成になっており、この映画はその第1部にあたる。のちにダース・ヴェイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代の活躍を描いた映画。
「ファントム・メナス」の日本語訳は「見えざる脅威」。これはいろんな意味を持たせているタイトルだと思われる。
時代はエピソード4からさかのぼること約30年。旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父で、宿敵となるダース・ヴェイダーがまだ、幼い少年アナキン・スカイウォーカーだった頃。こんなかわいらしい少年が、あのダース・ヴェイダーにどうしてなってしまうのかというのが、新三部作の核である。
CGを使った映像がすごいと思う。しかし、アナキンは最終的にダース・ヴェイダーになってしまうということがわかっているために、旧三部作を鑑賞するような気持ちで見ることはあまりできない。物語が進むに連れて、暗くなっていくからだと思う。また、この映画はアナキンが子供であるため、ライト・セーバーを使った見せ場がない。クワイ=ガン・ジンやオビ=ワンに持っていかれる。新三部作の新しい悪役キャラクター「ダース・モール」は、クワイ=ガン・ジンたち二人を相手にしても余裕がある。もっと活躍してくれてもよかった気もするが、彼の出番はこの映画で終わりのようである。
ジェダイ・マスターのヨーダが終盤登場するが、旧三部作に登場していた頃より若干若いような気がする。しかし、気難しい印象を受けた(個人的にはエピソード5でR2-D2とペンライトを奪い合うヨーダが好きだから)。
エピソード1は、登場人物のざっと紹介した感じで、物語的にはあまり大きな展開はない。見る人によっては面白くないと感じるかもしれない。私もまあ、こんな感じかという印象である。


(シリーズ関連作品)
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
スター・ウォーズ (エピソード4 新たなる希望)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソード5 帝国の逆襲)
スター・ウォーズ ジェダイの復讐(エピソード6 ジェダイの帰還)
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 18:05:51 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

[映画] スター・ウォーズは、やっぱりサイコー!
遂に全てのスター・ウォーズ作品がDVDになってしまった。Read more... 2006-03-28 Tue 18:15:56 | ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
1999年製作のアメリカ映画。全米3週連続1位、興行成績$431,088,301のウルトラヒット。ジョージ・ルーカス監督、リーアム・ニーソン主演の、旧3部作から16年の時を経て製作された“スター・ウォーズ”サーガの第1話で、後に続く物語の序章的作品。希望に満ちたアナキンが、若 2006-11-10 Fri 09:48:02 | シネマ通知表

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。