■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.46 「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

原題 : STAR WARS EPISODE Ⅱ ATTACK OF THE CLONES
制作 : 2002年、アメリカ
監督 : ジョージ・ルーカス
出演 : ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンほか

ストーリー
遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・。元老院議員となったパドメ・アミダラは何者かに命を狙われていた。暗殺の首謀者の正体がはっきりしないため、ジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービとその弟子アナキン・スカイウォーカーは、パドメの護衛を命じられる。パドメと10年ぶりに再会するアナキンは、絶えずパドメを想い続けていた。
ジェダイ評議会の決定により、オビ=ワンは暗殺者を探し出すために辺境の銀河へ送り出される。一方、残されたアナキンはパドメの護衛するが、二人の間に愛が芽生えていく。ジェダイは恋愛を禁止しているために苦悩するアナキン。そんな時、アナキンの母親が盗賊にさらわれたことを知る。救出に向かうアナキンだったが、自分の腕の中で母親は息を引き取る。悲しみに打ちひしがれるアナキンは、我を忘れて盗賊どもを皆殺しにしてしまう。
母の葬儀を済ませたアナキンは、オビ=ワンが捕われていることを知り、パドメと共に救出に向かうのだが・・・。

感想
30年に渡る壮大なSF映画の第五作。映画は全6部の構成になっており、この映画はその第2部にあたる。のちにダース・ヴェイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの青年時代の活躍と、パドメとの禁断の愛を描いた映画。
今回もかなりのCGが使われていて、その技術はすばらしいと思う。ストーリーもエピソード1に比べればおもしろかったかもしれない。
のちにダース・ヴェイダーとなってしまうアナキンだが、その片鱗が所々で垣間見れる。しかし、10年もパドメのことを想い続けていたとは知らなかった。パドメとの愛が、のちの悲劇を招くことになろうとは・・・。
ヨーダが、ライトセーバーを使いながら戦闘するというシーンが初登場。よぼよぼ歩きながら登場するが、ライトセーバーを構えた途端、すさまじい動きで戦ってくれる。さすがはマスター・ヨーダだ。
いろいろな不安を残しながら、物語はエピソード3へと続いていくのである。


(シリーズ関連作品)
スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
スター・ウォーズ (エピソード4 新たなる希望)
スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソード5 帝国の逆襲)
スター・ウォーズ ジェダイの復讐(エピソード6 ジェダイの帰還)
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 11:38:17 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

[映画] スター・ウォーズでしょ、やっぱり。
今週は、スター・ウォーズ三昧です。Read more... 2006-03-29 Wed 14:50:34 | ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。