■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.55 「シャンハイ・ヌーン」
シャンハイ・ヌーン

原題 : SHANGHAI NOON
制作 : 2000年、アメリカ
監督 : トム・ダイ
出演 : ジャッキー・チェン、オーウェン・ウィルソン、ルーシー・リュー、ロジャー・ユアンほか

ストーリー
1881年、中国紫禁城からペイペイ姫が誘拐された。犯人は身代金を要求し、姫と身代金の交換場所をアメリカ・ネバダ州のカーソン・シティと指定してきた。
近衛兵の一人チョン・ウェンは、その身代金を運んでいる途中でロイ・オバノン率いる列車強盗に遭い、仲間たちとはぐれてしまう。見知らぬアメリカで受け渡し場所のカーソン・シティーへ向かうチョンは、仲間たちから裏切られたロイと意気投合し、姫救出のため共に旅をすることになるのだが・・・。

感想
ジャッキー・チェンのハリウッド進出第2作だそうだ。アクションと西部劇が混じった映画で、そんなに悪くはない。しかし、アクションシーンとかがいまいちな感じ。ジャッキーのカンフーがなんだかもたついてるような気がする。やはり年齢的にアクションをすることがきついのか、それとも編集の仕方が悪いのか。
内容は姫が誘拐され、救出するために見知らぬ異国で仲間と奮闘し、悪をやっつけるという定番といえば定番なストーリー。この映画はそこそこよかったようで、続編の「シャンハイ・ナイト」も作られている。
ルーシー・リューが綺麗なお姫様かどうかは、見る人の判断によるだろう。私個人はチャン・ツィイーの方が綺麗だと思うが・・・。(チャン・ツィイーはジャッキーのハリウッド進出作品「ラッシュ・アワー2」で敵役として登場している。)
映画のエンディングでロンが自分の本当の名を明かしているが、これは冗談で言っているのか、本当にそう解釈していいのかわからないが、多分本当に言っているのだろう。この本名はアメリカで西部劇に出てくる有名な保安官の名前である。
ちなみに敵役の保安官に「24」でジャック・バウアーの上司を演じていたメイソン役のザンダー・バークレイが出演していたのが、やっぱりうれしかったりして。
スポンサーサイト


鑑賞記[サ行] | 15:37:25 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。