■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.61 「レッド・オクトーバーを追え!」
レッド・オクトーバーを追え!

原題 : THE HUNT FOR RED OCTOBER
制作 : 1990年、アメリカ
監督 : ジョン・マクティアナン
出演 : ショーン・コネリー、アレック・ボールドウィン、スコット・グレン、サム・ニール

ストーリー
ソビエト連邦の最新鋭原子力潜水艦レッド・オクトーバーが、アメリカ東海岸に接近した。目的はアメリカへの攻撃か、亡命か。
CIAのアナリストであるジャック・ライアンは、艦長ラミウスの真意を探るべくレッド・オクトーバーへの接近を試みようとしていた。しかし、レッド・オクトーバーはすでに撃沈命令を受けたソ連の海軍から狙われていた・・・。

感想
<私的潜水艦映画シリーズ第5弾>
以前から書いているように潜水艦映画をいろいろと見始めている私。今回鑑賞したのは、原子力潜水艦を扱った現代の映画である。原子力潜水艦を題材にした映画は他に「クリムゾン・タイド」があったが、この映画は潜水艦内部がメインではなく、男たちのやりとりが中心かと思う。
現代の潜水艦はスイッチを押せば、魚雷が勝手に敵を追いかけていく。「U・ボート」など第2次世界大戦の頃の潜水艦は手探りで、魚雷が当たるかどうかはやってみないとわからないような状況であったわけで、技術力が大幅に変化しているのである。だから、現代を舞台にした映画はそれまでの人間同士の葛藤に重点が置かれることが多い。「クリムゾン・タイド」では艦長と副艦長との対立が軸であったが、この作品はジャックとアメリカ潜水艦艦長とのかけ引き、ジャックとラミウス艦長とのかけ引きが軸になっている。
前半はすこしダルイ感じを受けたが、後半の潜水艦内でのアクションや、魚雷攻撃など潜水艦同士の戦いは盛り上がって面白いと思う。また、ラミウス艦長は私が今までみた潜水艦映画の艦長の中では、一番しっかりしており、隙がないように思う。
スポンサーサイト


鑑賞記[ラ行] | 15:48:20 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

「レッド・オクトーバーを追え!」
レッド・オクトーバーを追え!『レッド・オクトーバーを追え!』(''The Hunt for Red October'')は、1984年に発表されたトム・クランシーによる小説、もしくは1990年に製作されたアメリカ映画。ジャック・ライアンシリーズの初の映画化作品である。.wikilis{font-si 2007-02-17 Sat 23:36:15 | 映画の缶詰

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。