■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.63 「キューティ・ブロンド」
キューティ・ブロンド〈特別編〉

原題 : LEGALLY BLONDE
制作 : 2001年、アメリカ
監督 : ロバート・ルケティック
出演 : リース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソンほか

ストーリー
明るいブロンド美人のエルは、政治家志望の恋人から「議員の妻にブロンドはふさわしくない」という理由で別れ話を切り出されてしまう。納得のいかないエルは恋人の心を取り戻そうと、猛勉強の末、恋人の通うロー・スクールに入学する。恋人を取り戻したいという動機で入学したため、周囲からは冷たい目線や仕打ちを受ける。さらに恋人から退学を勧められる事態までに。だがこの出来事がエルのやる気に火をつけることとなり、猛勉強し優秀な成績を上げる。そして、ある教授の助手に選ばれたエルは殺人事件の弁護に関わることになり・・・。

感想
なかなか面白かった映画。他人からはアホっぽくみえる主人公エル。ブロンドという理由で恋人から別れ話を切り出されたエルは、恋人の心を取り戻すために一念発起し、ロー・スクールに通うことになる。このロー・スクールは一流な人間の集まりであり、パッと見るとエルは場違い。同級生からも意地悪をされるエルだが、持ち前のポジティブ思考で乗り切っていく。だが、恋人のある一言をきっかけに猛勉強し、学内でも優秀な成績を取るまでになる。つまり、エルはアホっぽく見えながら実は頭も良いという女性だったのだ。やがて、恋人を取り戻すことから弁護士を目指すという目標に切り替えて、自身のポリシー(?)であるピンクのファッションを着ながら奮闘していくのである。
ラブ・コメディーと思わせながら、本当は弁護士を目指していくサクセス・ストーリーとなっていて、意地悪を受けていた同級生たちにも猛勉強で結果を出し、やり返すという爽快感も持ち合わせた作品である。


(シリーズ関連作品)
キューティ・ブロンド2 ハッピーMAX
スポンサーサイト


鑑賞記[カ行] | 14:16:50 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-02-28 火 17:03:49 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。