■最近の記事
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■プロフィール

橋 光夫

■最近のコメント
■最近のトラックバック
■よく読まれる記事

ブログパーツ

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
vol.65 「半落ち」
半落ち

制作 : 2003年、日本
監督 : 佐々部清
出演 : 寺尾聡、原田美枝子、吉岡秀隆、鶴田真由、伊原剛志、國村隼、柴田恭兵ほか

ストーリー
警察学校の教官だった梶聡一郎は、アルツハイマー病を患っていた妻を殺害したといって警察署に自首してきた。容疑を全面的に認めている梶だったが、殺害してから自首するまでに存在する空白の二日間という謎があった。取調べにあたった志木刑事が粘り強く聞き出そうとするが、梶は空白の二日間の行動を一切語ろうとしない。一方、現職警官による妻殺害というスキャンダルに県警本部は窮地に立たされ、調書の捏造を図ろうとするが・・・。

感想
小説もヒットした作品。私はこの映画を飛行機の中で初めて見たのだが、なかなか深い物語だった。
梶聡一郎役は寺尾聡であっていると感じた。設定はほぼ原作通りではあるが、新聞記者役が男から女に変更。さらに映画のエンディングは梶の裁判で終わっており、原作のラストに登場する刑務官は登場しなかった。映画という限られた時間で原作の全てを詰め込むのは難しいかもしれない。だから、原作のラストを映画用にアレンジしてある。
主題歌は森山直太郎が歌っていたが、この映画にあっているかは微妙である。
スポンサーサイト


鑑賞記[ハ行] | 11:16:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。